フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HKG & TPE

突然だけど、旅に出ようと思う。

と書くと、随分思い切った長い旅に出るのか?と思われても仕方がない書きぶりであるが、実際はほんの1週間ほど旅行してくるだけである。ただ、旅行の手配も1週間前からスタートするあたりいかにも思いつきで旅に出ようとしている感である。行き先はアジア圏でそれほど遠くまでいかず、しかもほどほど遠い香港をターゲットにする。更に候補として上がったのが台北。最近、何人もの知人から「台北に行ってきた」という話を聞くにつけ、これは自分でも行ってみたいと思っていたところである。台北は福岡から香港へ行く際の経由地であり、空路が確保しやすい。ということで、時間もそこそこ取れるし、香港、台北の2都市を巡ることにした。

前回旅に出たのが1年とちょっと前のNY&LV。今回も、香港=大都会、台北=ちょっと一息、みたいな感じでNY&LVと若干似たコース。前回の反省を生かし、飛ばしすぎず、休養を取り、安全な旅を心がけたい。本場の中華料理に期待大(食べすぎ注意?)
スポンサーサイト

出発準備

出発前夜、全ての用事を済ませ、パッキングが終わり、後は寝て出掛けるだけ。面倒な準備が全部片付いたと思うと妙に上がってきた。明日は何を食べよう、最初はどこに行こう、ビクトリアピークはいつ行こう、マカオまで行けるかな、両替は現地の方がレートが良さそうだ、スリには気をつけないと。。。とか、色々思いを巡らせる今の時間は最高に楽しい。

TO HKG

香港へ出発。航空会社はキャセイパシフィック。福岡を午前に出発、まずは台北へおよそ二時間。香港直行ではなく、台北で一度降りるため映画は見れない。残念。しかし昼ご飯は出る。味はそこそこ。ケーキが美味。


台北で乗り換え後、一時間半で香港へ。エアポートエクスプレスで九龍まで出る。かなり快適。九龍からシャトルバスで市街地へ。香港の第一印象は、ビルが高いことと、バスが二階建てであること、外国人の人種が多様であること。欧米人だけでなく、アジア人が多い。服装が有り得ないくらい目立つのは多分インド人であろうと予想。


市街地のど真ん中で両替を済ませ、タクシーでホテルまで。思ったより現金の出番が多い。香港はNYと似た印象を持っていたが、都会と非都会の混ざった感じがする。一旦、ホテルで荷物を解き、夕食を探しに出かける。できるだけローカルな食堂を狙って行くとネオンが現れる。おお、ブレードランナーみたいだ。


日本で馴染みの店がいくらでもある。スタバ、マック、モス、吉野家、、、しかし、それらのチェーン店を使うと『負け』なので敢えてここでなければ食べられない店を狙う。街角の屋台も捨てがたいが、食あたりのリスクを減らすため今は我慢。普段見たことがない飯、麺を出す店が並ぶが、見た感じ言葉が通じなさそう。しかし、黙っていても飯にありつけないため、意を決して店の一つに入る。分かってはいたが、メニューを見てやはりアウェーを感じる。


写真を頼りに辛うじて注文できたのが麺のスープ。ぶつ切り大根が柔らかくなるまで煮込んであり超美味。本格中華では無いが、現地のものを食べれたので良しとしよう。やっぱり旅先での食事は難しいな。

HK朝の散歩

香港は海を隔てて香港島と九龍に分かれる。今回は九龍側、海岸から若干北上したモンコック(旺角)を活動の拠点とした。いつもそうなのだが、香港滞在1日目は街並みを見て周るところからスタートする。

まずは一番の繁華街、チムシャツイ(尖沙咀)まで出ることにする。モンコックからチムシャツイは徒歩では遠いがMRT(地下鉄)を利用すると容易に移動できる距離である。九龍には街で一番賑やかな「ネイザン・ロード」があり、ピカピカの広告、ブランドの店舗が並ぶ。交通量は多く、二階建てのバスもびゅんびゅん通り、朝から人通り多し。
HK2011-1104-1_1.jpg

そこそこ高いビル、超高層ビルが立ち並ぶ。大都会に来て思うのは、道幅の割にビルが高いということ。高層ビルが道路側に倒れたらきっと道路の反対側のビルまで届くだろうな。。。
HK2011-1104-1_2.jpg

キラキラのガラス張りは大通りに面したところだけで、大通りを一つ折れると建物の雰囲気が変わる。これもまた香港といった感じ。正面にロータリーを発見!さすがは元英国!?(・・・若干苦しい)
HK2011-1104-1_3.jpg

工事中

香港の街中は店舗の入れ替え、ビルの改修、などなど、街に活気がある。つまり、工事中の店舗が多い。工事中の足場は歩道全体を占領していることが多く、工事中の店舗の前を通るとどうしても作業中の足場の下をくぐらなくてはならない。そこで気が付くのだが、日本では鉄パイプで組んである足場はなんと「竹」でできているのだ。

HK2011-1104-2_1.jpg

2階、3階の高さは当然として、ときには更に上の階まで足場が組まれていることも。どこまで登れるのだろうか?
HK2011-1104-2_4.jpg

そして最も驚くべきは竹を使ってくみ上げられた階段。何でも鉄にすればいいってもんじゃないよ、と気概を感じる。
HK2011-1104-2_2.jpg

HK SmartPhone事情

香港ではスマートフォンを利用している人が多い。日本と同じように街中でピッピッっとやっている人の端末を見ると、iPhoneよりもAndroidが多そうだ。街中には携帯ショップが多い。そして、どのショップもAndroidスマートフォンが豪華にディスプレイされている。世界的なシェアを見るとAndroidがトップであるが、外に出てみると改めてその事実が認識される。Apple製品専売の店舗もあるが、どうも店構えが小ぶりでAndroidのようにギラギラした派手な売り出し方をしていない。もともとAppleストアの店内もシンプルといえばそうなのだが、肌で感じるのはAndroidの方が断然元気があるということだ。ちなみにこのAndroidのキャラクターはLEDパターンでキラキラと光っている。。。
HK2011-1104-3_1.jpg
香港は旅行者も多いのだろうか。行き交う人々が手にするスマートフォンの形も多種多様。フルキーが付いた端末(おそらくブラックベリー)を使っている人もぽつぽつ見かけた。やはり外に出てみると発見があって面白い。

Avenue of Stars

チムシャツイを南に抜けると香港島への海岸に出る。そこにAvenue of Starsがあるはずなのだが。。。その前に大きな道路が横たわる。この道を越えれば海岸っぽいところまで来ているのだが、横断歩道が見つからず、この道を中々超えることができない。地下通路&デパートを伝ってようやく道路の反対側へ。
HK2011-1104-3_2.jpg

Avenue of Starsへ到着。観光客たくさん。
HK2011-1104-3_4.jpg

お目当てのブルース・リーの彫像を発見。もれなく一緒に『アチョー』。
HK2011-1104-3_3.jpg

香港でのブルース・リー遭遇後、興奮冷めやらぬ間に改めてブルース・リーの映画を見た。「ドラゴン危機一発」はいかにも『昔の映画』という感じであまりオススメできない。敵をカンフーで蹴っ飛ばすと、壁に人型の穴が抜けるとかとてもシュール。製作から40年過ぎていることを考えると、納得もいくが。ブルース・リーを見るのならば、ある程度作品としてこなれて来た「燃えよドラゴン」辺りを見るのが無難。

ドラゴン危機一発 デジタル・リマスター版 [DVD]ドラゴン危機一発 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2011/04/08)
ブルース・リー、マリア・イー 他

商品詳細を見る

Star Ferry

Star Ferry乗り場。
HK2011-1104-4_1.jpg

乗船券はトークン。大きさはコインと同じ。
HK2011-1104-4_2.jpg

香港のエッグタルトは卵あじ。
HK2011-1104-4_3.jpg

フェリーから九龍方面。すぐ着くけどけっこう楽しい船旅。
HK2011-1104-4_4.jpg

香港のショップ

香港は魅惑のお店、不思議なお店でいっぱいだ。

本屋さん。店内には小物もたくさん。
HK2011-1104-7_3.jpg

スイーツ屋さん。キラキラしてる。
HK2011-1104-7_1.jpg

鴨屋さん。ずらりと。
HK2011-1104-7_2.jpg

洋服屋さん。何かを実演販売中。
HK2011-1104-7_5.jpg

???屋さん。iPhone4専用の何だろう?
HK2011-1104-7_4.jpg

香港島

香港島に渡って街の様子が少し変わって来た。

人が多く
HK2011-1104-5_1.jpg

ビルが高く
HK2011-1104-5_3.jpg

坂が多い
HK2011-1104-5_2.jpg

狭い土地に街がぎっしり詰まっている。香港島はそんな感じ。

蓮香楼

香港に来たからにはその土地らしい食事をしたい!と若干焦りを感じながら2日目の昼食所を探す。そもそも1人旅というのは食事をするのが大変だ。レストランに行くのも1人だと気が引ける。行けるとしてもカフェくらい。点心だと更にハンディを感じる。大人数で行けば種類を沢山食べられる点心も1人だと2品、多くて3品が限界だ。しかし、それでも点心は一度は食べておきたい。その一心でガイドを片手に香港の狭く、坂だらけの道を歩いていく。地図見てもわかんない!閉店した?と諦めかけたそのとき、蓮香楼は現れた。
HK2011-1104-6_1.jpg

階段を上って2階へ進むと広いフロアに7~8人掛けのテーブルが多数。お一人様用の席はない。そういえば、点心は基本合席だってガイドに書いてあったなぁ。。。と思いながら座れる席を探す。しかしお昼時を少し過ぎた時間帯で座席はほぼ満席。どこに座れるんだろう~、と呆然としていたらフロア長と思しきおじさんが席を案内してくれた。たすかった~。
HK2011-1104-6_7.jpg

席についたらお茶と伝票?らしきペーパーをもらう。これってどうやって注文するんだっけー?と悩んでいると、同じテーブルのお客さんが「あっちのおばちゃんのワゴンから蒸篭をもらって、この紙に判子おしてもらうんだよ」と教えてくれた。使ったのは英語と身振り手振り。それにしても、なんとなくわかるもんだな~と関心してしまう。ワゴン式点心は初体験。おばちゃんのワゴンまで行って、ふたを開けて、これ美味しそう!とか選んで蒸篭をもらってくる。これがなんとも楽しい。
HK2011-1104-6_5.jpg

肉団子。
HK2011-1104-6_2.jpg

パンに角煮を挟んだヤツ。
HK2011-1104-6_4.jpg

シュウマイ。
HK2011-1104-6_3.jpg

蒸篭3つでかなりお腹いっぱい。このお店の蒸篭は1つが比較的小さく、1人でも色々楽しめた。このお店は間違いなく人にオススメできる!食事の後、1階に下りてくると厨房&水槽があるのに気が付いた。食事の美味しさは活きの良さ?とちょっと思ってしまった。
HK2011-1104-6_6.jpg

Peak Tram

Victoria Peak山頂行きの登山列車、Peak Tramは街中の駅から出発する。
HK2011-1104-8_1.jpg

夕方から夜景を狙って山頂へ行く。超混み。外国人はデカイ。
HK2011-1104-8_2.jpg

かなり「山」の中を登る。途中で止まったら帰って来れないかも。
HK2011-1104-8_3.jpg

HSBCが見えてきた。
HK2011-1104-8_4.jpg

山頂に到着、Tramの線路を発見。ここを登ってきたのだな。
HK2011-1104-8_6.jpg

Victoria Peak

夕方まだ明るいうちにVictoria Peakに到着
HK2011-1104-9_1.jpg

夕暮れが迫り
HK2011-1104-9_2.jpg

$1,000,000,000の夜景が現れる
HK2011-1104-9_4.jpg

屋上の平たい部分が展望台
HK2011-1104-9_5.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。