フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町内トライアスロンと餃子

起床。
予定より遅い時間だが、まずはストレッチからランへ。

本当に家の近所だが、信号なしで走れる3キロほどのルートを走る。『脂肪は15分から燃え始める』⇒『20分以上体を動かさないと意味がない』とは幾度となく繰り返されている理論だが、そこには誤りがある。たかだか15分だろうと走る習慣さえあれば脂肪は燃えるようになる。(。。。という気がする。)

ランの後はクリーニングを出しつつ近所のプールへ。通いはじめて間もないのだが、家のすぐ近所に立派な市営のスポーツセンターがあったのだ。土曜の午前は子供とおばちゃんがわんさといるが、安く泳げるので良しとしよう。およそ30分くらいで600メートル泳いで終了。

最後はバイク。家のダンボールや雑誌を自転車に積んで廃品回収へ。2・4土曜だけスーパーの駐車場でやっているのだが、不用品を出してすっきりしたところでスーパーで買い物をするのはとても気持ちがよい。スーパーと廃品回収の組み合わせは意外な経済効果があるのではないか。

Gyoza.gif
帰りに前から気になっていた餃子やさんへ。ホワイト餃子は昔横浜に住んでいたときにも近所にお店があって、美味しかった覚えがあるのでふらりと寄ってみる。焼き餃子を買って帰るつもりだったけれど、昼は焼いていないそうで。お店の中では「仕込み」の最中で、おじさん、おばちゃんがせっせと餃子を包んでました。楽しそうだったなー。冷凍餃子を買って帰る。

ラン・スイム・バイクと順番はバラバラだったけれど町内トライアスロン達成。
終わった後は餃子でご飯。
スポンサーサイト

朝走ればその日は勝ち組

朝走ればその日は勝ち組。
騙されたと思って一度やってみて欲しい。

今だと8時でも日が高いから6時くらいが丁度良い。
いつもの街並みだけれど誰も人が居ない。
ちょっとしたギャップも楽しい。
程なく、朝の散歩や同じく朝からランニングを楽しむ人に出会う。
自分と一緒の考えなんだな、と思うと嬉しくなる。

朝ランのメリットは大きい。
体を動かしているので、その日が活動的になる。
これから出かけるにしても、支度の準備が早い。
きちんと朝食を取れる。生活にリズム感が出る。
一番のメリットは、今日はコレをやった、という実績ができること。
その後、のんびり過ごしても「今日は何もしなかった」と
焦燥感に駆られることもない。余裕ができるのである。
一日が自分のコントロールの下にあるのだ。

体を動かすことは、とても良い。体調が良くなる。
かといって、いきなりランニングは無理がある。
散歩程度でスタートしよう。
そして、それには朝が良い。
騙されたと思ってやってみよう。

夏といえばG1

突然だが、プロレスの話を少々。
名古屋に新日(新日本プロレス、猪木が居た方)がやってきた。
しかも、G1というシングルのリーグ戦、初日と来たからには
久しぶりに出かけてみようかと思い立つのである。

格闘技をライブで見るのは随分昔。
学生の頃はプロレス会場のバイトとかやってたけれども、
『見に行きたい熱』が上がって来ないと中々会場まで足を運ばない。
そんな中、ひょっこり出かけてみたのだが案外すんなりと会場に入れた。

↓↓↓ここからプロレスファン以外は置き去りですが、ご容赦くださいな。↓↓↓

会場に着くとすでに試合は終盤。小島xバーナードで小島がサポーターを外したところ。
スタン・ハンセン(水泳のハンセンではない)直伝の下からカチ上げるラリアットで
バーナードからカウントを取るが。ハイアングルのバーナード・ボムで逆転負け。

セミファイナルは天山x川田。密かに今回のG1の決勝のカードだと予想している。
頭突き、パンチで攻め立てる天山。すると会場のあちこちから『シューーーーー』っと
ファンからのモンゴリアン要望(笑)。TTDからアナコンダで天山。

ファイナルは中邑x永田。三角締めからの腕ひしぎで中邑が一本勝ち。

カードが良かった。どれも見所があった。今回の大会はテレビマッチだったので、
再来週あたりに放送される予定。二階席から見てたからテレビには映らないけれど、
今度はリングサイドで場外乱闘から逃げ惑うってのもやってみたい。

Tenzan2.gif

写真は獣神ライガーと天山のストラップ。抽選で一名様にプレゼント。
希望の方はコメント下さい。(居るのかな。。。?)

芸能人は歯が命

これまた突然、歯痛に見舞われて一晩眠れなかった。
いや、突然というのは嘘。ちょっと痛むかな?という兆候はあった。
違和感はあったのだけれど、そのうち治まるだろうと思っていたのだね。
それが限界点を超えたのか、爆発的に痛み出した。

歯は長い付き合いになるので歯医者さん選びは慎重に、というのが心情。
奥歯が一本悪いのだが、硬いモノを噛んだときにヒビが入っている模様。
以前、とある歯医者に見せたときに「知覚過敏」なる診断を受けた
ことがあり。(もちろん、歯磨きを変えただけで治るはずもなく)
歯医者さんは腕がいいとこを選ばないと絶対ダメと思う次第である。
地元の歯医者さんだと、どこそこが良い、と口コミ情報があるけれど
新しい土地の歯医者さんだとそうは行かない。
今住んでるところは幸いにもタウン誌の良いのがあって、
近所の歯医者さんの紹介記事を見てどこに行くか選ぶことができた。
「地域に根ざして20年」。多分、一番良いところを選んだと思う。

さて、一晩眠れなかった歯痛の正体は、上下の歯のかみ合わせが悪く、
上の歯が下の筋肉を噛んでいたことが原因のよう。
上の歯をちょっと削っておしまい。今回こそは、ヒビの入った
下の歯とお別れかと観念していたのだが、もうすこしお付き合いは続きそうだ。
歯の神経をとると歯はすぐに死んでしまうし、下の歯を抜くと
上の歯も死んでしまうと、大きく削るとその他の部分もダメージが心配。
騙し騙し、付き合うのだろうね。歯の手入れはしっかりしよう。
芸能人でなくても、歯は命。

芸能人は歯が命(その2)

前回、一命を取り留めたかに見えた下の歯。
しかし、痛みが退かないので再度診察を受けることに。
痛みの幅がリンパに広がっているので、良くないのかも知れない。
そう思いながら小雨の降る中をお医者へ急ぐのであった。

本来ならば、昨日診察を受けたかったのだけれど、
木曜休診のため一日遅れになってしまった。
ちなみに、病院が木曜休みだというのは常識なのだろうか?
病院って、床屋みたいにこの日定休ってあったらまずいのでは。。。

飛び込みで行った割りには、すぐに診てもらえた。
歯は残したい思いがあるのでまずは悪い部分を取る方針で削ってみることに。
少し削って済むならば、それに越したことはない。
反面、神経が死んでしまっていれば手の施しようはない。
まず、虫歯の銀を外す。
やはり、以前の通り歯の亀裂が元で炎症が起きているようだ。
少し削るだけでは済まなさそうなので、小さな写真を撮る。
炎症がひどくてどうしようもない、というわけでは無いが、、、
ガリガリと削っていくと、そのうちゴリゴリになって、
ある時点で焦げ臭い匂いがしてくる。
ひょっとして、削る代わりに神経を焼いて殺してるのでは?
と思ったのだが、どうやら神経が悪くなって溜まったガスの匂いだったようだ。
悪い部分が出せるように穴を開けて通す処置をする。

開けて見た結果、奥の歯の神経は死んでしまっていたようだ。
ヒビが入りながらも尚生え続けていた右の奥歯は残念ながら、力尽きていた。
もっとしっかりケアしていれば。歯磨きを丁寧に、歯間ブラシをこまめにしていれば。
もう少し長かったかもしれない。そう思うと申し訳ないなあ。
これを期に、残った歯は大事に扱って行きたい。
芸能人でなくても、歯は命、だもんね。

名古屋シティマラソン あと79日

秋の風と共に今年もマラソンの季節がやってきた。
やはり、マラソンは秋~冬のスポーツ。
真夏の炎天下では生命の危険すらあるので、手軽に体を動かすには向いていない。
気温が高いと自分の体が運動で温まる前に、
外気で体温が上がってしまうと早く疲れてしまう。
太陽の日差し、水分の確保、どれを取っても気を使う。

ここ数日、ちょっと夏の日差しが戻ってきたが基本的に過ごしやすい。
マラソンも再始動。夏場ははっきり言って走っていなかった。
夏場はプールに通って体力は落とさないようにしていたけれど、
その効果はどれほど発揮できるだろうか。
ずっと同じペースで走り続けるマラソンと、
25メートル泳いで呼吸を整える水泳では同じとはいえない。
反面、プールの全身運動の成果もちょっと期待してしまう。

5キロ30分くらいからまたやり直しになるかな。
今回のエントリーも10キロ。ちなみにエントリーは済み。
1年前は同じ10キロで57分45秒という記録だった。
記録更新を目指したい。

まずは体力を維持して、続けてマラソンができること。
その先に目指すのは、ハーフマラソン、フルマラソン。
NYシティマラソンにいつかは出場。
そして世界5大マラソンと夢は限りなく広がる。
(10キロ出場者が大きく出たものだ。。。)

いっしょに走ろ! 名古屋シティマラソン
11月24日。祭日が仕事の人は空けておこう!

TAIKAN

体幹という言葉をご存知だろうか。
体幹とは体の中心という意味で、体幹筋は腹筋や背筋、胸の筋肉などの
体の中心にある大きな筋肉のことを指す。

マラソンはその体幹を使って走るというのが金 哲彦さんのマラソン理論。
マラソンは手足の端っこの筋肉を使うのではなく、腹筋や背筋など
胴体の筋肉を使って走るのが良いのだそうだ。
体全体を使うので、脂肪も燃えやすく、足に負担が掛からないので故障も少ない。
自分も1年ほど前からそのような走りを心掛けている。

11月のマラソンに向けて最近、時間を計って走り始めた。
先日のタイムが10kmでちょうど60分。
昨シーズのベストタイムよりも3分ほど落ちてしまった。
何が悪いんだろう、まだ調子が上がっていないのか。。。

そういえば、ランニングシューズを買ったのは1年前。
クッションもそろそろ弱くなってきたのでは?
スポーツ用品店で、自分の靴と全く同じモデルを手に取り見比べる。
確かに、踵が随分削れている。
ランニングシューズは、踵で着地したエネルギーを推進力に換えて
ランニングをアシストしてくれる。そのアシストが減ってきて、
最近走りにくさを感じているのだろうか。
初めてシューズを履いたとき、その威力は絶大だった覚えがあるからなあ。

そろそろ買い替え時と思い、シューズを眺めてみる。
今履いているのはASICSのNYモデル。
足の先が幅広になっているモデルで結構気に入っていた。
餅は餅屋、ランニングといえばASICS。
今回もASICSにしようと思ったのだが、、、

ReebokのTAIKANが目に留まってしまった。
これは金 哲彦さんの体幹をシューズにしたものではないか。
体幹ランニングと相性が良いに違いない!
ということで、早速購入してしまった。

Taikan1.jpg

サイズはちょっと小さく感じたので、ワンサイズアップ。(+0.5)
履き心地もまずまず。

Taikan2.jpg

靴の前後を繋ぐのはトランジッションジョイント。
ここが捩れることで、踵に掛かった力を踏み出す力に変えてくれる。
踵にもしっかりクッションが付いている。
思わず走り出したくなるシューズなのだ。
これで来月のマラソンに臨むとしよう。

体幹ランニングは色んな本になっている。
「体幹」ランニング (MouRa)「体幹」ランニング (MouRa)
(2007/11/28)
金 哲彦

商品詳細を見る

Glimmis

Glimmis(グリミス)は子供を交通事故から守るためのリフレクター(反射板)である。
スウェーデンでは大人から子供まで反射板を着用し、事故防止に努めている。
自動車のライトがリフレクターに反射することで、歩行者の存在を知らせる。
北欧諸国は暗い時間が長いため、こういった取り組みに力を入れていると
推測される。

というわけで、早速購入。名古屋ではラシック6Fで入手できる。

Glimmis3.jpg

左が「ムース」右は「スマイルゴースト」。
最初は、北欧風のデザインがどうも馴染めなかったのだが、、、
このゴーストも良く見れば愛嬌があるではないか。
オリジナルのデザインでリフレクターを作るサービスもあるので、
日本で流行りそうなデザインが出回れば、着用率も上がるだろう。

Kaisetu.jpg

同封されていた説明書もちょっとカッコイイ。
右端にはゴーストの群れが。。。

Glimmis2.jpg

暗くして撮影すると、、、青白く光るのが分かるだろうか。
もっと強い光が当たるとキラキラする。

さて、このリフレクター。夜間の歩行やランニングの際に着用し、
交通事故防止に役立てたいというもの。
早速着用して効果を確かめたところ、確かに自動車が通る度に
キラキラと反射している。なるほどねえ。
ただし、車が通らない、歩行者同士では明りが無いと効果がない。
散歩中の小型犬を思わず踏みそうになってしまう。
そこは、まず自動車事故に遭わないということで良しとしようか。

暗闇できらりと光る一品。
ハロウィンの仮装にワンポイント加えるのも良いかもしれない。

Glimmis(グリミス) 反射板 音符&ト音記号Glimmis(グリミス) 反射板 音符&ト音記号
()
不明

商品詳細を見る

メタボリックなバランスシート

企業の財務諸表の一つ、バランスシート(B/S)は最近流行りである。
バランスシートを読みこなすにはそれなりの知識を必要とするが、
『もっと単純に読む』、『絵で考える』など読み方の工夫も紹介されている。

国、企業、家計など収入と支出を管理する単位はバランスシートが用いられる。
更に一歩進みバランスシートの考え方を使って、何かの状態を理解することにも有効である。
バランスシートは左側に資産、右側に負債・資本が入るのが基本であるが、
この考え方を色々なものに応用することができる。
たとえば、メタボ対策で体重を落とすことを考えるために
バランスシート的な考え方を使うことができる。

体重のバランスシートではバランスシートの全体を
一週間に摂取・消費するカロリーで考えてみたい。

【資産の部】
 摂取カロリー
  朝食・昼食・夕食・お茶(コーヒー/ジュース)・お菓子・飲み会

【負債・資本の部】
 消費カロリー
  基礎代謝・日常生活・労働・散歩・スポーツ
  脂肪

バランスシートに並べると次の様になる。


資産(摂取カロリー) 負債・資本(消費カロリー)

朝食

昼食

夕食

お茶

お菓子

飲み会


脂肪


基礎代謝

日常生活

労働

スポーツ



つまり、食事や飲み会で摂取したカロリーが消費できなかった場合、
脂肪という負債として積みあがっていくのである。
生物学的には、脂肪はもしものためのエネルギー貯蓄(資産)の
ように考えられるが、バランスシートの考え方を用いると負債なのだ。
この負債額がオーバーすると経営破綻。様々な病気に発展してしまう。

家計に対する処方箋も、健康状態への処方箋も同じである。
支出を見直して、収入の範囲内で生活する。
食事を見直して、消費カロリーの範囲内で生活する。
全く同じなのだ。

『俺は食べたいだけ食べる。その分運動すればいいんだ』
という考え方には破綻が待っている。
お金は使いたい分使う、足りなければ稼げば良いんでしょ?
と言い換えてみると間違っていそうなのは明白である。
食事の量・内容、間食の習慣などを見直すのが王道なのである。

2008名古屋マラソン、もうすぐ

次の連休の最終日は、名古屋シティマラソン。
この冬のマラソンシーズンもこれでスタートする。
一年前に初めて10キロ走ったのがこのマラソンだったなぁ~。
次こそはハーフを!と思っていたけれども、今回も変わらず10キロ。
まー、無理せず、少しづつ力をつけて行けばいいかなと。

今年の練習の具合は、まずまずではないか。
昨年に比べて、本番を想定した10キロ走をこなした回数は少ないが、
代わりに平日のランニングの距離がそこそこ伸びている。
今週など、月火木に30分程度、5キロ程度の練習ができているので、
実はそこそこ調子が良いのではなかろうか、と思っている。
一昨日から急に寒くなったので、体調管理を万全にしたいところ。

今回10キロで55分出せたら、練習の距離を少し伸ばしてみよう。
マラソン当日まで、後3日。
調子を維持しつつ、休養を混ぜながら。
ちょっと緊張してきた。楽しみな緊張である。

名古屋シティマラソン2008

名古屋マラソン10キロに出てきた。
曇り空の中、なんとか最後まで天気は持ちこたえてくれた。

 結果、55分18秒。
 2007年から2分半の短縮。

 1km 6:23
 2km 5:48
 3km 5:35
 4km 5:31
 5km ???
 6km ???
 7km ???
 8km 5:16
 9km 5:09
 10km ???

スタートから折り返し地点までは距離表示があるのでペースが作れる。
折り返しの給水ポイントから表示が無くなるので時間が計れない。
ゴール付近になるとハーフマラソンの数字表示が出てくるのでタイムが計測できた。

最初の1キロはダンゴ状態で思ったように走れない。
後ろからスタートするのでこれは仕方あるまい。
前半の半分は上り坂。5分半はそこそこ良いペースで走っている。
後半は下りなので、スピードも出る。体力が残っていたので5分近くで走れた。
最後の上り坂からゴールへの道も昨年走った道なので勝手が分かるもの。
自分としては中々良い走りができた。
これより良いタイムを出すには、もっと速く走れるようになるしかないだろう。
(当然だ!といわないように。。)

マラソンに出場して思うのは、服装。
自分など、練習着をそのままなのであまり面白みがない。
揃いのTシャツを着ているグループはカッコイイ。
明るいオレンジや、赤のTシャツがなかなか良かったぁ。
Tシャツの文字も重要である。
「~~ランナーズ」とか書いていると、お、がんばれ!って思う。
「世界の山ちゃん」もなんか宣伝効果があっていい。
「泥酔」とか書いてあると、最悪。。。
一番良かったのは「謙虚」。マラソンしながら謙虚な気持ちになったよ。

最後に。
大会運営を支えてくれたボランティアの皆さん、ありがとう。
いつか自分も走れなくなったらボランティアとして参加しようと思った。
でもまだそれは先の話。
さ、次の大会に向けてまたがんばろ~
名古屋シティマラソンのコース

続・結石行進曲

私はあーりー。
最近、奴が尿管結石で苦しんでいるらしい。

あれほど休みを取れと言っていたのに、
仕事ばかりしているから体調を崩すのだ。

それにしても、人体から石が出てくるとは興味深い。
石はどんな形をしているのだろう。白くて丸いころっとした感じだろうか。
だったら出てきた石を使ってピアスなど作ってみてはどうだろう。
ぜひ一度見てみたいものだ。

奴の体内に石があるのは確実なのだから、
それを回収するために幾つかの提案をしてみた。
厠には笊を常設し、排尿時には笊を通して用を足す。
外出時に笊は持ち運びに適さないので、茶漉しなどを持ち歩くというのはどうだ。

このような提案をしてみたが、奴曰く。
結石持ちは水分を大量に摂取するため尿圧が高し。
勢い良く押し出せば石は出やすいが、紛失の可能性も大也と。
勢いを殺せば石はでず。つまり、回収は困難とのことである。
まったく残念なことである。
(もっとも、笊と茶漉しは真っ先に却下されたのだが。)

石の回収はまあよしとするか。
今回のドタバタで仕事どころではなかったことだろう。
きっと神様が休めと言っているに違いない。
そう思って養生することだよ。

ナチュラスロン

気がつけば九月も末が近く、マラソンシーズンが到来。
夏場の走りこみが秋からのマラソンの出来を決めるのだが、
今年の夏は走りこめてなかったぞ。

2年続けて走った11月の名古屋マラソンは、
気がつくと10kmの部は定員オーバーで参加できず。
ハーフマラソンに出れる程の練習も積んでいないので
出だし躓いた感じでありましたが。

10月の前半、名古屋でちょっとしたジョギングのイベントがありますね。
ナチュラスロンという大会で、愛・地球博記念公園をおよそ8km走ります。
ちょっとマラソンもペースダウンしている今の時期には最適の大会かも。
大会参加は葉書で申し込み。まだ募集を受け付けていそう。
今すぐ申し込めば滑り込める可能性がありますよ。
ここはひとつ、走りに行きますかね。

COP10とナチュラスロン

「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)が2010年に愛知で予定されております。
生物多様性条約締約国際会議とは、その名の通り国際会議で、
前回9回大会はドイツのボンで開催されており、
その時にも、会場周辺10キロメートルのジョギング(ナチュラスロン)が開催されたそうです。

10/10~11はその1年前記念行事として愛・地球博記念公園でイベント
「生物多様性フェスティバル」が開催されています。
今日はその中の1イベントのナチュラスロンに参加してきました。
Naturathson1.jpg

ナチュラスロンはCOP10の精神にのっとり、生物の多様性を感じながら
愛・地球博記念公園をゆったりジョギングしようといもの。
なので、ゼッケンにはナンバーもなければタイム計測も順位もありません。
しかし、やはりこうして走りに行くからにはきちっと距離を測って時間を見ながら
今自分は走れているのか、速くなっているのか気にして走りたいというもの。

今回のコースは公園内4キロのコースを2週。都合8キロを走ることになる。
とすれば、1週目は押さえぎみに走って、2週目を思い通りの展開で走りたい。
通常、10キロのマラソンを60分~55分で走っていたことを考えると、
勝負タイムは43分~44分が予想されたが、結果は47分4秒。
若干遅めのゴールタイムであった。
というのは、公園内のアップダウンの激しいコースを走るため、
上り坂でタイムが落ち、体力を使ってしまうところが原因だったかな。
天気は快晴。10月といえど暑いくらいの陽射しだった。

イベント会場では、ナチュラスロンのほかにもライブ(藤井フミヤ出演)や、
愛知県内の市町村、世界各国からの展示ブースなど、見所もありましたよ。
来年のCOP10ではもっと展示ブースの大きなのが来ると楽しいのでは、と
期待を寄せるのでありました。

2009名古屋シティマラソン

今日、11月23日は名古屋シティマラソンの日。
のはずだったが、今年は10キロ募集が定員に達するのが早く、
申し込みのタイミングを逸してしまったよ。
(引越ししてしまったので、今日名古屋に出るのは大変だったとも言う)
そこで仕方が無いので(?)
同じ日、同じ時間に別の会場で同じ距離を走ることにする。
小山ゆうのマンガ「スプリンター」みたいだねぇ(笑)

そんなわけで行って来ました。大濠公園。
公園内の池の周り1週2kmのコースを5週。
犬が散歩してたり、水鳥がいたり、ボートの練習をしていたり、
とにかく飽きないコースである。
ただ、人気スポットのため、部活やら、ジョギング愛好家やら走る人多し。

今日の成績は、58分8秒。
前半飛ばしすぎたために後半バテてしまったねえ。
1キロを5分30秒で走るのが続かなかった。
一番走っていた時よりちょいと体力落ちているのかもねえ。
マラソンシーズンも始まったばかり。
いつかはハーフ、そしてフルマラソン目指してがんばるぞー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。