フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紺屋の白袴、英語教師の英語読まず、プログラマの。。。

英語多読をやっていると学校の英語が実に奇妙に見えてくる。
英語教師は英語が読めなくても英語を教えることができる。
英語教師の責務は指導要領に従った授業を行い、採点し、
生徒を良い学校へ進学させて所属する組織(学校)の世間的評価を上げる
と定義すれば、実は英語が読める必要はない。
でも、それって、とても変だ。
英語を習ったのだったら英語ができるようになるべきではないのか?
学校で過ごした時間が勿体無いではないか。

と、学校英語について書いたが、
実はこの話は英語に限ったことではなかった。
英語教師は英語を読めて当然と考えるように、
プログラマを書く職業に就く人は、人のプログラムなど読んで当然である。
しかし、実態として仕事以外のプログラムを読むことはほとんどない。
(どちらも、「という場合がある」としておこう。すべての人がそうとは言わない。)

しかも、仕事で読むプログラムは納期あり、無茶な仕様変更ありで、
悲惨な状態になっているプログラムのほうが多い。
こんなものを読んでも良いコードが書けるようになるはずがない。
が、こんな状況にまったく疑問を持つこともなく、
とんでもないソースコードが今日もまた世の中に提供されていく。
だから、銀行・金融システムダウンの事故が連日ニュースを賑わすのである。

日本のIT業界の危機を救うべく、「多読式ソフトウエア開発技術養成法」
を提案することにした。やり方は単純。
良いコードをたくさん読み、良いコードを体に染み込ませるのだ。

今までの悪いコードをUnlearnするほど良いコードをシャワーを浴びるように読む。
では、何を使うのか。Linuxなどの「オープンソース」だ。
幸いにも、現代はインターネット時代の恩恵を受けており、
レベルの高い技術者が書いたソースコードを無償で入手することができる。
それらのコードを「精読」するのではなく、「多読」するのだ。
おそらく、英語多読で良いと分かっているやり方はそのまま使えるだろう。
そしてここは推測なのだが、ギークと呼ばれる尊敬されるハッカーたちは
実は皆、このような取り組み方をしているのではないだろうか。

というわけで、「多読式ソフトウエア開発技術養成法」を実践することにした。
スポンサーサイト

高速道路の走り方

インターネットのお陰で、何かを学習するときのスタイルは変わった。
時間や場所に制約されることなく、インターネットを使って
ある程度まで(プロの一歩手前まで)独自に学ぶことができるという。
この高速道路論は「ウェブ進化論」にあった将棋の羽生善治さんの話。
高速道路は将棋の世界に限らず、様々な分野で起きているという。

そこで昨日の続き。早速GNU Emacsのソースを入手し、読んでみることに。
・・・
分からん。

「今日から英語にチャレンジ!」といってペーパーバックを手に取り、
一気に撃沈したのと同じ気分がした。

教材と学習者の間にレベルの差があるときは、もっと易しい題材を探そう。
これが多読式「高速道路の走り方」であり、英語以外にも応用が利くのである。
とはいって見たものの、どの変が入りやすいか本当に手探りになる。
この手探りをすること自体がレベルアップにつながるはずなので、
しばらく続けてみようかな。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
(2006/02/07)
梅田 望夫

商品詳細を見る

こんなモノがあったらいいな

(1)腕時計型ボイスメモ
腕時計にボイスレコーダーの機能を持たせ、いつでも発想したときに
ボタン一つでボイスメモへ記録することができる。
記録したボイスメモは、音声での再生のほか、文字として表示が可能。
また、PCに接続することで、記録したボイスメモをテキストファイルに
変換して記録することができる。
→これは自分でも使いたい。
歩いて移動しているときや、スポーツの間などメモを取れないときにさらっと覚えさせておく。
他にも、電車の乗り換えなど、一度見て置けば良いものを一時保存する。

(2)マイコン議事録係
集音マイクで集めた音声情報をテキストにリアルタイム変換する。
会議参加者は議事録係を捻出する必要はなく、会議に集中できる。
→とはいえ、議事録は大事な仕事の一部。
まったく議事録を書かないで済むことは無いだろう。
(新人の教育の一環でもあることだし。)
あるいは、主観が入らない音声による記録のみを証拠として認めるような
文化になっていくのであれば、まるっきり置き換わることができる。

といったことを思いついてはすぐに記録する。
アイデアマラソンを実践しています。

アイデアマラソン

ここ最近、いろんな人に話して回っていること。
それは「アイデアマラソン」という発想法で、
3月に数年振りに再会した友人から聞いたもの。
(その後、日経アソシエにも紹介記事が載った。)

ルールは簡単。
 自分のオリジナルのアイデアを毎日1件以上出していくこと。
 分野は限定しない。仕事のこと、仕事以外の分野に関係なくアイデアを出す。
 新製品、製品の改良、だじゃれ、俳句、目標、なんでも良い。
 挿絵をつけたり、絵で説明するのも効果的。
 などなど。。。

「1000件の発想を書けば人生は変わる」
という謳い文句につられてはじめてみて3ヶ月。
変わってきた気もするし、これから先の変化はもっと大きなものだろう、
と想像をしているところ。

昨日書いた「あったらいいな」はアイデアマラソンで思いついた。
考えることが楽しくなってきて、そろそろ発想1000件が見えてきた。
もっともっと発想を出せるかもしれない。
めざせ、100万件! いけるかな?


日経ビジネス人文庫 企画がスラスラ湧いてくる アイデアマラソン発想法 (日経ビジネス人文庫)日経ビジネス人文庫 企画がスラスラ湧いてくる アイデアマラソン発想法 (日経ビジネス人文庫)
(2004/01/07)
樋口 健夫

商品詳細を見る

雷門



kaminarimon.jpg

10年ぶりの浅草は雨だった。
浅草寺に来るのは今回が初めて。提灯でっけー。
さすがは観光名所というべきか、外国人観光客が多い。
どこを見ても外国人が視界に入る。

雷門を潜ると仲見世通り。
日本をデフォルメしたような不思議お土産もの屋でいっぱい。
カツラやさんに殿カツラとか姫カツラとか売っていたり、、、
まるで外国に遊びに来たみたい。
そうか、ここはニッポンという外国なんだな。

仲見世通りを抜けると、宝蔵門から本堂へ。
Wikiによると本堂は空襲で焼けたため、鉄筋コンクリート造であるそう。
大きな柱は木造では無かったよ。

面白かったのがおみくじ。
表に漢詩と読みがあり、裏には漢詩の説明が英語で書いてあった。
表はさっぱり分からないんだけれど裏の英語はとてもストレート。
英語のほうが分かりやすいってどうなのかい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。