フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王

伊坂幸太郎は2008年の本屋大賞で注目を浴びた作家であるが、
どうも伊坂作品のどこが良いのか自分には説明することができない。
「ゴールデンスランバー」「死神の精度」と2冊読んできたが。

これはきっと、たまたま相性の悪い2冊を読んだのだろう。
いや、それか『本屋大賞』という肩書きに多大な期待をしすぎたためかもしれない。
もしかしたら次の一冊はすごくハマる作品に出会えるかもしれない。。
そう思って、井坂探しの旅はまだ続くのである。

今回の「魔王」を読むにあたり、一つ決め事をした。

 『井坂作品には期待しない』

これまでの先入観を取っ払って、作品そのままを評価すること。
そうすれば本当に井坂作品の良し悪しが分かるはずだ。
「魔王」には「何か特別な力を持った存在」が例に漏れず登場しなさる。
「死神」の次は「魔王」。。。
今回は主人公が地獄からやってきた魔王で、人間社会を恐怖に陥れる
という話ではなさそうだ。
ゲーテ作詞、シューベルト作曲の「魔王」、が一節だけ出てくる。
(早朝に再放送をやっている「ハクショ~ン」の方ではない)

話を井坂作品に戻すと、魔王でも現代風の風景描写や
颯爽と登場する登場人物は美男美女が多く、明るくてよい。
そして話の前半にはいつものように伏線『の様な』エピソードがちらほら。
あー、今回もこのへんが伏線になるのかなーと待ち構えていたら。。。

あれ、終わっちゃった。
なんと、伏線の集束も落ちも、何もなく話が終わってしまった。
んん~?それはないんじゃないの?
登場人物を何人も出して、中には特別な『力』を持った人もいて
いろんなことを喋らせるわけだが、「これを伝えたいんだ!」ってのが無い。
何というか、言いっぱなし、書きっぱなし。
最後は読者の想像にお任せするとか、そういったのは人の心情とか、
語り手と読み手が共有できる次元で進められるべきであって、
薄くて軽い人物描写の上に、超能力っぽい概念まで持ち出されると、
仮説が多すぎて何が言いたいのかさっぱりわからない。
この場合、結論は責任を持って示すべきだと私は考える。
井坂作品に不信感を持っていたのは、そういうことだったようだ。

この作品において唯一の救いなのは、続きがあるということ。
「モダンタイムス」で続きが語られているそうなのだが、
果たしてどうだか。続きは読んでやらないこともない。
とか言って、実は井坂作品が好きなのだろうと声が聞こえてきそうだが。

魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)
(2008/09/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Windows OneCare Live

Windowsマシンを使っていてウイルス対策ソフトは悩みの種だ。
対策ソフト無しでは恐くて色々なサイトを見て回れないし、
SymantecやNortonの製品は非常に重く、CPUパワーを取られてしまう。
そこでWindows OneCare Liveの登場、というわけだ。

このWindows OneCare Liveというのは、ウイルス検知と駆除、
ハードディスクの不要ファイルの削除、パフォーマンスの向上と、
Windows OSがサポートしていない弱点をカバーするための
サービスを提供してくれるのだ。しかも、Microsoftが。

って、ちょいちょいちょーい!
それっておかしくないですか!?
なんでWindowsの機能不足にMicrosoftが別サービスとして売ってるんですか?
本来、有償OSのWindowsにセキュリティの弱みがあるのなら、OSとして責任持って
修正していくのが筋でしょうー?それを他社ベンダーと似たようなサービスで
更に追加料金取ろうって、間違ってますよ。

Microsoftの言い分としては、ウイルス対策などは作って終わりというものではなく、
ウイルスが流行したらタイムリーにサービスを提供する必要がある。
そのためにはサービス要員が必要で、そのぶん有償になるということだ。
そういわれると、まあ、わからん話ではない。
だとすると、開発費は別として数えるからさぞ値段は安くなることだろう。

WinLiveOneCare.jpg

えーっと、年間5775円。3台まで使える。
むむむ、確かに、SymantecやNortonに比べると少々安い。あっちは7000円弱だ。
3台にサービスを使うともう少しお得になるか。いや、でも1台しか使ってないし。
せめて、台数無制限、1ユーザー年間1000円くらいでなくては、
OS開発してる本家が出す価値はないぞ。

というわけで、PC再インストールした後、無料期間の1ヶ月
Windows OneCare Liveを使ってみたのだが。
そこそこ軽めだが、ウラでガリガリ動くのがなんか気に成ることも少々あった。
やはり有償サービスの購入には踏み切れないなぁ。。。
それにやっぱMicrosoftにこれ以上お金を出すのが納得行かないんだな。

ESET

『波照間島のまえさん』ご紹介のウイルス対策ソフト、ESETスマートセキュリティ。
今回はコレを導入することにした。

選択の理由は2つ。
ESET以前のアンチウイルスソフト「NOD32」を利用していて、使い勝手がよかった。
ちなみに、NOD32もまえさんの紹介記事を読んで使ってみたのだが。
これがスペックの弱いノートPCにとてもやさしく、さくさく動いていたのだ。
このPCのHDDがクラッシュしなければ、今も常駐していたはずだが。。

もう一点は、体験版の利用ができる点。
製品版と同じスペックのソフトを常駐して試せるという点が良い。
NOD32の実績からESETさんには信頼を置いているけれども、
機能がアップグレードしたせいで重たくなっていたら再考できるので。

早速体験版をインストール。さくっとESETくんが常駐なさった。
eset2.jpg

お、入ったなーと思って、タスクバー右下に常駐されたアイコンをクリックすると。。
eset1.jpg

う~ん、メニューの起動が早い。
いいレスポンスだ。
呼ばれたらハイ、お返事。やっぱりこうでなきゃ。
というわけで、問題ないとは思うけれど一ヶ月使ってみて製品購入するかな。
まずは筆頭候補。

ESETの紹介記事は、こちら。
常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する総合セキュリティソフト「イーセット スマート セキュリティ」

あなたの隣に住む妖怪

MySQL入門以前(6)

住所録を作ってデータベースの基礎を学習する。
この本の、叩いて覚える感じが自分には向いている気がする。
といっても、SQLよりもだんだん画面のコードの方が長くなり、
手入力には辛くなってきたのだが。
(もちろん、CDで動くものは付いているのだが、ここは写経のような感じで。)

というより、そもそもDBを使うシステムはユーザーインターフェース部分の
プログラムが多いんだろうな。
入力しやすいフォームを作ったり、入力ミスをチェックしたりとか、
組み込みにはない概念だからその分多く感じる。
(組み込みシステムはセンサーやモーターが入出力の代わりをしていたと言える!)

CRUDではないけれど、データベースの画面には定番があるそうな。
まず入力画面。
---
jusho_1.jpg


入力結果を確認する、一覧表示は必要だね。
---
jusho_2.jpg

そして、修正、削除と来るのだけれど。
そのためには検索が必要。
---
jusho_7.jpg

それから、修正・削除を選んでいくわけだ。
---
jusho_5.jpg

こっちが削除画面。
---
jusho_6.jpg


あらためて、DBを扱うのには画面が大量に必要なのだと感じた。
かんたんな住所録だけでもこんなに画面数がでてくる。
ホスト・クラサバの画面を甘くみていたよ。。。
画面数で開発規模を見積もる手法もあるけれど、なるほど順当な考え方なのだと思った。

で、住所録というコンテンツなんですが。
自分の知り合いの住所録を作っても面白くないなあ、と思い。
日本妖怪四十七士に登場してもらいました。
あぁ、、ぬりかべと一反もめんは九州なんだー。

東海道への旅立ち

「MySQL入門以前」の7回目。
SQLの習得を目指して本書を手に取り、演習形式ですすめてきた。
SQLの叩き方を中心に学びたかったので、画面やデータの扱い方を中心とした
最後の2つの章はご無礼してCDの中の完成済みファイルを使っていきますよ。

最後は会員、歩数を登録して、東海道の宿場をどこまで進んだか
記録できるデータベース。かなり実用的。
tokaido.jpg

このように、日本橋から、歩いた距離までが赤く表示される訳ですよ。
この本では東海道をシルクロードでも世界一周でも置き換えて使えますよと、
言っているところが考え方のネタとして初心者には嬉しい。

ryotei.jpg

折角の演習なので、テーブルを引くところを叩いてみる。
この「東海道」ソフトの仕組みは、会員テーブルを持ち、会員に歩数を登録させる。
会員テーブルには累積歩数のフィールドがあり、歩数登録の度に加算していく。
東海道をどこまで進んだかは、宿場を一つづつ表示していく中で、
累積歩数と距離を比較し、距離の方が超えたらカラーを赤から黒に戻すという仕組みだ。

SQL学習者としては、複数のテーブルを使った検索に興味があったのだが、
「東海道」でも1テーブルへのアクセスで処理が完結している。
(テーブルは3つ持ち、会員のIDを持ちまわっているという操作はあるのだが)
複数テーブルの検索は別の本を探ってみよう。
というわけで、これにて「入門以前」は終了といたします。

この本、自分には非常に相性が良かった。
データベースの設定、ログイン、テーブルの登録から丁寧に説明してある。
そして、チュートリアル通りに進めると動くものが出来上がっていく仕組みだ。
後半はプログラム量が多くなってきて、全て手打ちは降参したけれど、
画面が動けば自分で作ったのだという実感が持てる。
DBがはじめてという人には、ぜひお勧めしたい一冊である。

MySQL入門以前MySQL入門以前
(2005/03)
石田 豊

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。