フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッディ・マンデイ

ちょっと古臭い話が続いたので、現代に目を向けてみようかと。
サイバーな設定の漫画、ブラッディ・マンデイは現代を映す鏡の役割を持つ。

主人公は天才ハッカーの高校生。
最初は秘密になっているが、もはやネタばれにはならないかと。
コンピュータの扱いが神業で、セキュリティの高いコンピュータへの進入や暗号解読も得意。
ちょっとしたヒーロー的存在になっている。
ストーリーに出てくる設定が、いちいち専門的で並列コンピュータだの、PLCだの、RAIDだの出てくる。
知ってる人はにやりとして、知らない人は、マンガの脇役キャラみたいに「へーそうなんだ」って
なるんだろうな。とにかく、今時最新技術が散りばめられてて面白い。
20年経って、2009年はこんなだったんだと振り返れる、良い資料になると思われる。

ひとつ気になる点は、ハッカー行為を行う主人公が社会的にどこまで許されるか、である。
もちろん、ストーリー的には悪巧みをする悪役がいて、そいつと戦うために止むなく
コンピューターを使っているのだが。
カッコよさが目立ってハッカー行為が正当化されないか、ちょっと心配してしまう。
この主人公は中学生のころに、ハッキングでテロ行為の情報を掴んで
CTU(CTUじゃないんだけど、24のCTUみたいなもの。)に勤める父親に相談する場面がある。
そのときのやりとりが「お前、自分が何をやっているかわかってるのか!?」
「ごめんなさい、でも。。。」って言う感じで、ほんの一言で済まされている。
ハッキング行為への追求がとても軽い。
いまどきの子供が真似しださないか心配するわけではないが、違和感を感じるのさ。

マンガとしては面白い。
24のジャック・バウアーの息子が天才ハッカー!?、みたいな印象を受けた。


BLOODY MONDAY 1 (1) (少年マガジンコミックス)BLOODY MONDAY 1 (1) (少年マガジンコミックス)
(2007/08/17)
恵 広史龍門 諒

商品詳細を見る
スポンサーサイト

帰ってきた。

南の島から帰還。

2009MinaminoYagi.jpg

やぎさんに会ってきた。

自助論

連休明けはどうしても会社に行きたくなくなる。
会社員なら誰だってそうだろう。
それでも、いやいや出社するよりは「さ、がんばろう」と、
前向きさがあったほうが良いに違いない。

心の底からじわっとやる気を出すには、自己啓発本。
それも、ありきたりのものではなく、とっておきの一冊が効果的。
スマイルズの自助論は150年にわたって読み続けられている、
誰もが認める良書である。
気分が落ち込みそうなときに自分がしっかりしなくてはダメだ、
自分を助けられるのは自分だけだとこの本は叱咤激励してくれる。

この本は一回読んだら終わりではない。
その時々の自分が面した場面によって、いろんな顔を見せる本だ。
本を通して自分と対話しているんだろうな、と思える一冊である。

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
(2002/03)
サミュエル スマイルズ

商品詳細を見る

TUMIの鞄

鞄は仕事に欠かせない必需品。
鞄が仕事をするわけではないが、人は見た目が9割のご時世。
持ち物で第一印象を与えるのは間違いない。
高価なものなら良いわけではなく、用途に合った鞄を選択したい。

落ち着いた感じで機能的に優れ、なおかつ安っぽくない。
この条件はハイレベルの要求なのだが、こちらのTUMI。
なんだかいけそうな気がする。
Tumi1-3.jpg

メインコンパートメントには仕切りが入っている。
ラップトップの持ち歩きを想定した緩衝材入り。
Tumi1-1.jpg

ネームタグ、ポーチには赤のTUMI。
ショルダーベルトは革を使っている。黒で地味にTUMIを主張。
Tumi1-2.jpg

オブジェクト指向。

今年のマイテーマ、オブジェクト指向について。

オブジェクト指向は10年以上前から使われてきて、今では常識。
ずーっと前からやらなくては、、、と思いつつ、今でもやらなくては、と思っている。
しかし。この10年間オブジェクト指向をやってこなかったが
オブジェクト指向ができなくて窮地に立たされた、ということはなかった。
「オブジェクト指向」は道具であって、目的ではないから、
できなくても目的を達成できないことはないから。だと思うのだが、どうだろう。

オブジェクト指向を使っていたらもっと上手くいっていたのか、
ただ無知な故にいらぬ苦労をしているだけなのか、実はよくわからない。
この世界には実は、オブジェクト指向をさらっと使ってスパっと開発を終わらせるような
すごい人たちがいるのだろうか。。

クラス、継承、多態性。
これらを上手く使うとコードが少なくなるらしい。
まだまだ実感わかないんだよね。。
今回の記事はコードを書いて、オブジェクト指向をマスターしようというもの。
ちょっと手を動かして書いてみようとしてますよ。
とりあえず、今日はJavaを入れたところまで。

日経ソフトウエア 2009年 06月号 [雑誌]日経ソフトウエア 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/24)
日経ソフトウエア編集部

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。