フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who Was Marco Polo?

Who was...は今度はマルコポーロ。
13世紀にイタリアから陸路で中国まで行ったお話。
当時の一般人は自分が生まれた土地から出ることは少なく、
中国まで旅するなんて想像もできないレベルの遠さ。
今だったら火星まで行ってきて、火星人の王様に会ってきた
くらいの話ではないだろうか。
(火星人がいれば、の話だが。。)

時代が古いだけに、はっきりしないこと多し。
マルコポーロはどんな人物だったのか。
マルコポーロの手記から起こされた話はどこまで本当か。
火薬や鉄砲なんかはヨーロッパより中国の方が早かったとか、
そのへんの話は信憑性ありそうですが。
マルコポーロの書いた話も、幾分ドラマチックに描かれていたり、
ハンドコピーの際、翻訳の際に尾ひれが付いていって
どこまで本当だったのか誰にもわからなくなっているのだそうです。

中国では『 Kublai Khan 』の下で働いていた、と記述があったけれど。。。
フビライ・ハーンだとは最後までわかりませんでした。
人の名前はむずかしい!?


Who Was Marco Polo? (Who Was...?)Who Was Marco Polo? (Who Was...?)
(2007/07/05)
Joan Holub

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Who Were the Beatles?

The Beatlesは4人なのでWho wereなのでした。

実は、ワタクシにとってThe Beatlesは歴史上のバンドでした。
歌もしっかり聞いたことがなく、映像もみたことがなかったのです。
というのも、自分が生まれたときにはすでにThe Beatlesは解散した後だったから。

Who Were the Beatles? (Who Was...?)Who Were the Beatles? (Who Was...?)
(2006/01/05)
Geoff Edgers

商品詳細を見る



ジョン・レノンをはじめて見たのはレコードや、テレビの中ではなく、
「地獄の練習問題」というコンピュータゲームの中だった。
ポール・マッカートニーも、YMOのラジオを通して聞いたことがあるだけ。
自分たちが子供の頃にはラジオやテレビはあったけれど、
The Beatlesはやってなかったのだよね。
あ、yellow submarineだけは、ポンキッキでやってたかも。
解散した後でも世界に余韻を残す、偉大なバンドだったのだなあ、と。

ふつうのWho was...ならここで終わりなのだけれど、
The BeatlesはYou Tubeでしっかり見れるのだ。
You tubeに21世紀を感じた瞬間だった。



開発環境構築-その1-

新しいPCに入れたもの。

・Lhaca - アーカイバは何よりも先に必要
・MKEditor - エディタはgrepができればなんでもよい
・Java - これがないといろんなものが始まらない
・Eclipse - 最近よく入れる

というわけで、Eclipseまで入れて一通りJavaの環境が整いました。
さすがに、WinXPの上に入れるだけあって新しい問題は特になし。
というのは、新しい問題はないのだが、いつもの問題は発生するということだ。

①JAVA_HOMEの設定
毎回引っかかるのだが、JAVA_HOMEを使ったPATHの設定がうまくいかない。
いろんな設定サイトを見ると、PATHに『$JAVA_HOME$bin』みたいなのを設定すれば、
コマンドラインから javac も java も叩けるようになるはずなのだけど、
javaは叩けるが、javacは反応しないといったおかしな現象になった。
結局、Javaのbinフォルダをフルパスで指定することで解決した。
これって、何回やってもうまくいかないなあ。

②Eclipseの起動
もうひとつ、Eclipseをダウンロード&展開して実行しようとしたが、実行時エラーが発生する。
今回が初めてではないのだが、こちらのサイトを参考にして解決。
<起動時のエラー>で解説してあるように、Eclipse.iniをエディタで修正した。
たしかに、起動時のエラーは「JVM Terminated. Exit code=-1」がでていたので同じ現象の模様。

Eclipseの日本語化パッチも当てて、Javaの環境はこれにて完成となりました。
日本語対応すると、起動時の画面が変わってカッコイイ!

eclipse-jp

Who Was Thomas Jefferson?

Thomas Jeffersonってだーれだ!?
アメリカ独立宣言を起草した人。
アメリカの第三代大統領。

もの静かな人で、演説があまり得意ではなかった。
その代わり、文章を書くのが得意だった。
自分にも、ひとつそんな特技がほしいです。

Thomas Jeffersonの歴史は、アメリカの歴史。
独立宣言から50年間がどんな時代だったかがよくわかる本です。
アメリカの州が覚えられない人は、独立時点の13州からはじめよう。
その後どんな順序で増えて行ったかを合わせて覚えるとよいのではないかな。

Who Was Thomas Jefferson? (Who Was...?)Who Was Thomas Jefferson? (Who Was...?)
(2003/07/28)
Dennis Brindell Fradin

商品詳細を見る

The Lion, the Witch and the Wardrobe: The Quest for Aslan (Narnia)

最近やったナルニアの映画をベースに書き直した本。
原作ではないのですね。

原作→映画で大分削ってると思うし、映画→本でさらに削れていて、
はたしてこの本だけ読んでナルニアの話がわかるのだろうかー?
とちょいと疑問を感じてしまう。
それだけすっとばしているということ。

挿絵の替わりに映画のシーンの写真が差し込んであるけれど、
ちょっと足りない。。。
ここのシーンは絵がほしい!ってところにうまい具合に絵が入ってない。
というのは、ナルニア1冊をぎゅうぎゅうに詰め込んでいるため、
場面の切り替わりがはやいのだ。
少なくとも、アスランの軍勢と、The White Whichの軍勢との合戦は
一枚ほしかったよね。
(ひょっとして、映画にそのシーンがなかった!?そんなことないか)


最近、『決まり文句』が気になるようになってきました。
(とある本の影響です。これが良いことか、悪いことかわかりません!!)

Peterたち4人がナルニアの国から帰ってきて、the wordrobeから出てきます。
そこにちょうどプロフェッサーがいて、

 「ワードローブの中でなにしてたんだい?」

と聞きます。Peterが答えるには、

 「言っても信じてもらえるかわからないけど。。。」

そこでプロフェッサーが一言。

 「Try me」

どうですか!?
この「Try me」は、直訳したら何がなんだかわからない、いわゆる決まり文句でしょう。
そして、どんな場面で使うかといえば、話者が話したいのだけれど、
話すのをためらっているとき。聞き手のほうが言うのです。

実は、他の映画でも同じような場面で「Try me」を使っていたので気が付いたのです。
犬も歩けば。。。ってやつですね。


The Lion, the Witch and the Wardrobe: The Quest for Aslan (Narnia)The Lion, the Witch and the Wardrobe: The Quest for Aslan (Narnia)
(2005/11/01)
Jasmine Jones

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。