フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE BIG SWITCH

『エジソンからグーグルへ』

なぞなぞのようですが。

エジソンは電球の発明をきっかけに電力の事業化に成功した人。電球の発明以前は、家の明かりといえばガス灯。それよりもっと扱いやすい電球が発明されて、電気の需要が起こった。最初は自家発電をすることも多かったが、中央に大きな発電所を持ち、電線で電気を供給する仕組みができる。これまで水車にさせていた仕事は、電気に代替することで地理的な制約を受けなくなった。運用コストがかかる自家発電は次第に廃れ、今のような電力会社から電気を供給してもらう社会の姿が出来上がった。分散から集中へと移って行った。

一方で比較されるのがIT。初期のITはホストコンピュータだった。コンピュータの利用者は、ホストコンピュータに接続し、CPUを時間いくらで利用していた。しかし、CPU能力の向上、ハードウエア費用の低下により、中央集中よりも分散。コンピュータはダウンサイジングの歴史を辿ることになる。クライアント・サーバーモデルのように、端末として利用するコンピュータも性能が上がっているので、そこそこ仕事をさせるようになった。現在のPCに性能を求められるのは、この流れのためである。

しかし、インターネットの常時接続と高速化によって、大きな転機が訪れた。インターネットの中に仮想化されたホストコンピュータが存在し、クライアント側には何も持たなくて良い、いわゆる「クラウド」の考え方がはじまったのである。これまで、クライアントPCやOSなどのITに設備投資をしていた企業は、クラウドを使うことでITへお金を使わなくてもよくなるという。自家発電よりも、中央から電気を買った方が安上がりだ、というエジソンの時代と同じことが起ころうとしている。

完全なクラウド化には依然として障壁が残る。セキュリティの問題、ネットワークを攻撃するテロリズムへの対策である。ネットワークが社会的なインフラとしての重要度が増し、依存度が高くなるほど、攻撃の脅威に晒されることになる。

インターネットが我々に与える影響は大きい。ユビキタスコンピューティングの進展により様々なものがネットワークに接続される。ことによっては、ヒトが直接インターネットに繋がるインターフェースも出現するかもしれない。ネットワークに繋がることは便利な反面、行動を操られる可能性がある。ネットワークに支配されてしまうのだ。

ガスの灯火が電気の明かりになったことで失われたものがある。もともと、ガスの明かりは家の中心にあり、家族が集まる場所として機能してきた。電気による明かりが入ることにより、別々の部屋で時間を過ごすようになってしまった。クラウド化が進むことによって、何を失うのかは想像もできない。

---

以上、私がこの本から読み取った内容です。『クラウド化する世界』を読もうと思ったときに、ふと原書では読めないだろうかと思い、挑戦しました。「コンピュータの本を読めるようになりますか」とは、私が6年前に多読の講演会で質問したことば。そして今日、その答えが出ました。


The Big Switch: Rewiring the World, from Edison to GoogleThe Big Switch: Rewiring the World, from Edison to Google
(2009/01/19)
Nicholas Carr

商品詳細を見る
スポンサーサイト

世界はクラウド化するのか?

「クラウド化する世界」では、ブロードバンドの発達により、PCに分散されたアプリケーションや情報は、インターネット上の仮想的なサーバーに集約されてしまう流れが起きた、と述べている。SaaS(Software As Service:さーすとよびます)は実際に知らず知らずのうちに使っているし、かなり便利な部類に入ると思う。たとえば、Yahooメールや、Gmailなどのインターネットメールが身近な例として上げることができる。これまでのコンベンショナルなメールといえば、PCにメールの受信ボックスや送信ボックスがあり、SMTPサーバの設定、POPサーバの設定を行い、アカウントとパスワードを設定してメールを送受信していた。メーラーに不具合があればバージョンアップの必要もあるし、PCを乗り換えればメールは引き継がれない。メールボックスや連絡先の移行が必要になる。この反面、インターネットメールはユーザーIDとパスワードを入れるだけでメールが見れる。データはすべてクラウドの中。ソフトウエアのインストールはいらないし、面倒な設定も不要。無料で提供されるメールボックスもかなりの容量がある。至れり尽くせりである。しかしその反面、インターネットに繋がっていないと受信しているメールは見れないし、もしメールサーバにセキュリティ面で問題があれば、自分のアカウントや、メールの内容が他人の目に触れることになる。万能ではないのだ。

発生確率は低いが発生すると致命的なリスクもあるためデメリットを考えると完全なクラウドへの移行には心理的に抵抗があるのではなかろうか。クラウド化の進行は少しづつ進むであろうが、どこかで乗り越えられない壁が出てくると予想される。その反対に、今考えられるような問題がクリアされるような仕組みが考え出されて利用が進むかもしれない。ITの未来を考えるならば、後者の方に期待したいものである。

クラウド化でWindowsが要らなくなるかといえば、Yesとも言えるし、Noとも言える。今の重たいOSは不要になるが、コンピュータやデバイスを制御するOSは何かしら必要になる。もっと軽いOS(たとえば、ChromeOSとか、Androidとか、Microsoft Mobileとか)に取って変わられることは想像に難くない。何かしらソフトは必要であるが、完全に無くなることはない。しかし、ネットワークにつながっていれば、自動でソフトウエアを更新するソフトも多いので(携帯のソフトなど)ユーザーがアプリのバージョンアップから開放されるのはそれほど遠い未来ではないかもしれない。

「クラウド化する世界」では、電力業界に例えられ、分散した発電所が集中するようになったと述べられていた。しかし、昨今では環境意識の高まりから、太陽光発電が普及しつつある。各家庭や、学校に発電力を持つということは、集中化された電力業界から逆の流れが起きているとはいえないだろうか。分散したほうがメリットがあることもある、ということだ。コンピュータのクラウド化ということになれば、100%クラウドへ、ということはやはり考えにくい。一部はクラウドへ。でもちょっとこっち側に残るよ、という姿が現実的ではないだろうか。そのときの状況に応じた平衡状態が作り出されることになる。

アプリケーションはクラウドの中、データはホームサーバの中、使うPCはシンクライアントというところが近い未来の平衡点として考えられるのだが、どうだろうか。

Google Picasa

Google Picasa使ってます。

Google Picasaは機能が盛りだくさんのため、すべての機能は使いこなせていません。編集などは、まだまだ。。。

一番使っているのは、撮った写真をサーバーにアップロードして、知り合いに公開すること。花見やバーベキューに行ったときに、撮った写真をどうやってみんなに見せる?これまでだったら、CDに焼いたり、USBにコピーして配っていたでしょう。Google Picasaのウェブアルバムを使えばファイルをサーバーに上げてURLを教えるだけ。ちょっと重いですが、携帯からも見れますよ。ネット上だし、あまり公開したくないなーというときは、家族や知人に公開先を限定することもできます。かなり使えます。

気になる容量は、1ギガまで無料。4メガの写真ならば理論上256枚まで上がるはず。(250枚ではないのは、、、)なーんだ、たったの1ギガと思ってしまうのが恐ろしいところですが。追加の容量を買うことができます。年間5ドルで20ギガ。これだったらかなり余裕があるはず。256ドル払えば1テラ。。。これはちょっと払いすぎですが、PCやUSBやDVDに置くとばらばらになっていくので、どんどんネット上に上げてしまうというのも一つの手かもしれませんね。

ああ、クラウド化って便利なのかも。。

Picasa3はこちらから。

メキシコ料理レストランその2

年末に行ったメキシコ料理やさんの姉妹店、Laborracha(ラボラーチャ)に行ってきました。さすがに姉妹店というだけあって、お店の雰囲気はそっくり。椅子も同じなのかも。場所が天神からちょい離れたところなので、比較的落ち着いた雰囲気。ゆっくりと飲めます。

SSalad.jpg
実は、シーザーサラダはメキシコ料理なのです。

KKPojo.jpg
ラボラーチャの目玉、『くるくるポジョ』。これは間違いなく美味いです!

tequila.jpg
テキーラは100種以上。熟成期間によって、ブランコ、レポサド、アニェホと名前が変わるそうです。いつかは全種類制覇!?

iNethack

タイトルを見てピンと来た方、ご明察!

なんと、iPhone版Nethackが公開されていました。

Nethackで「?」ってなった方、あまり突っ込まなくても良いです。。。Nethackとは、UNIXユーザーなら誰でも一度はやったはず、あのNethackです。Rogueの子孫、トルネコやら、シレンのご先祖に当たります。ランダムダンジョン好きの私としては要チェックの一本なのです。

記念すべき1回目のチャレンジは、Knight。装備がよく、力も強いので普通にさくさくダンジョンを進める系です。考古学者なんて取った日には、ダンジョンの1階を歩くのですらおっかなびっくりな訳ですよ。スタートすると、自分は「@」の記号。ああ、そうでした。すべて英数字&記号で表現されているんでしたね。ちょっと時代を感じましたがすぐ慣れました。自分の周りをうろちょろしてるのはお助けキャラのペットくんですね。餌を放ってあげたり、弱いモンスターを倒させるとレベルが上がるんだったなあ(結構すぐ死ぬけど)。スタート直後は自分が今居る部屋しか見えていなくって、部屋を出て通路をすすすっと進めばマップが広がります。扉を開けると次の部屋へ。かぎがかかっている扉はキックでぶっ壊します。(蹴りすぎると怪我しますが。。)ちょこちょこ出現するモンスターを倒すと、経験値が溜まってほどなくレベルが上がります。1階だと、JackalやNewt(しかし、にゅーとって何だ?)しか出ませんので楽勝ですね。階段を見つけると下の階に進めます。

コマンドなんかすっかり忘れててなかなか思うように操作できません。箱を開けて中を探りたいのに、思わず箱を持ち上げて動きが遅くなったり。。。そういえば、泉にアイテムを浸すと祝福されたり、いろんな効果があったなー、と懐かしく思い出しています。

そうこうしているうちに、凍らせてくるモンスター(名前なんだっけ?)が出てきました。こいつから攻撃を受けると、何ターンか動きが止まってしまうとても厳しい攻撃をしてくるヤツです。倒して肉を食べると、見えないものが見えるようになるという得点が着いていたような。。。ということで、果敢にチャレンジ。凍らされつつも何回か殴ってみましたが、そのうち迷い込んできた別のモンスターにぽかすか殴られて死亡。あー、この死にかたよくやるんだよなぁ。失敗失敗。しかしまあ、死に様といいNethackそのものですよ。

このゲーム、遊んでいてもちっともヒントが出てこないのですが、本当はイェンダーの魔よけかなんかを手に入れるのが目的だったと思います。+3のシールドを持っているヴァルキリーとか、毒耐性を持っているバーバリアンとかも強かったと思います。このゲーム、一度はクリアしてみたいですねー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。