フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneからブログ

iPhoneからブログが書けたらなぁー、というのはiPhone購入当時からの要望でした。たしかに、フルブラウザに対応しているので、普通のWeb更新ページから更新できなくはない。しかし、使い勝手が悪く、これではサクッと書けない。専用アプリが欲しくなるのだ。

そこはやはりFC2ブログさん。ブログ更新用のiPhoneアプリを発見。あったんだー。今度使ってみようかな、なんて思ってるうちに、iPhoneのOSがバージョンアップ。そしてあっさりアプリが非対応で、iPhoneからブログ更新の夢は叶わないのだった。

しかし、いまやFC2さんのアプリもバージョンアップが完了。晴れてiPhoneからブログが書けるようになったのだ。そしてこの記事はiPhoneから作成中。

実は一ヶ月ほど前にトライしてみたのだけど、保存ボタンを押さずに記事の完了をタッチしてしまい、折角書いた文章がさらっと消えたこともあり。(そのショックから立ち直るのに時間がかかった…)さて、今回は正しく保存できたことでしょうね。
スポンサーサイト

NYへ出発

今日からアメリカへ出発。6泊8日の長くて短い旅。昼ごろから福岡⇒成田へ移動。夕方5時ごろからNYへ向かいます。初日は思ったより日本にいます(笑)

旅に出る人には必ずポッキーを持たせにゃならん!と友人kさん、aさんからいただきました。旅の安全祈願みたいなものだそうで。



ポッキー、鞄に入りました。
荷物のチェックもOK。
それでは、行ってきます。

出国まで

意気揚々と出発。まずは国内線で成田まで。成田からは夕方5時出発と実は初日は国内の移動がかなりあったり。

空港で出発前に皿うどんなど食したり。


窓際の席で空を撮ったり随分余裕です(笑)


成田に着いてユナイテッドのチケットを出してもらうのに列に並んで待つ。すると、手荷物がないから外のbagdropに行けだの、LAから先のチケットが自動チェックイン機で出ないなど、なにかと手間取り、結構時間ギリになった。(トイレから出て反対方向に向かったのは余計だった)知らない空港は時間がかかるのだね。かなり緊張感アップして出国へ。ここから先は日本ではないのだな。

NAR-LAX

成田発UA890便は出発後すぐに気流の悪い空域に入り、しばらく機内サービスはお預け。1時間ばかり飛んだところでお菓子とともに最初のドリンクサービス。



夕食は機内食目当てにしていたので、結構待ち遠しかったり。そこにチャーリー•シーン似のお兄さんが「チキン?ビーフ?」とディナーを配ります。待ってました~!

ビーフを貰いましたが、プラスチックのナイフとフォークではなかなか肉がカットできません。(席が狭くて腕が自由に動かせない!?)味はそこそこ。ペロリと食べてしまいました。

夕食の時間が日本時間にして夜8時。まだまだ長いなー!と思ってたところに映画:ベスト•キッドがはじまります。字幕は中国語。脱日本を感じさせます。じきに機内は暗くなり、眠りに就くのでした。

LA乗り換え

はっと気がつけば、目の前に朝ごはん。ウィンナーとチーズオムレツにデニッシュ。隣のおばちゃんがトレーを出してくれてた模様。日本時間で午前3時。強制的に「朝」になった。あまりの眠りの中途半端さに呆然としつつ、食事に手を付け、見事に写真を撮りそこねる(笑)結構美味しかったのに。気を取り直して、スタバのコーヒーを撮影。これから入国。シャキッとしなくては。


着陸後、ぞろぞろと入国審査へ。手荷物は何処かなー?とうろうろしてたら、どうもバゲッジ•クレームは審査の後のよう。そうこうしてたら列の最後になってしまった。入国審査ではかるーい質問をいくつか。問い直されることもあるがなんか通じてそう。自分の英語。

税関も何ごともなく通過。ロスト•バゲージもなし。さて、次は乗り継ぎ便に手荷物を載せるとこだが…出口付近にユナイテッドのカウンターがあったので並んでみると、リブッキングの列だったり(本当は乗り継ぎのコンベアに載せるだけで一瞬で終る)、到着ロビーに着いたはいいが、次の乗り替えカウンターが見当たらず途方に暮れる。隣のビルだよーと教えてもらい、移動。一度外に出る。LAの空港広いよ…



手荷物検査場が無くて迷う。実はエレベーターで上がるのが正解。紆余曲折の末、搭乗口に着いたのが30分前。食事の時間がなくなったので、お店に駆け込んで水とスニッカーズを取得。さらにデリでサンドイッチを入手。危うく喰いっぱぐれるとこだったー。



無事NY行きの便に乗り込み、サンドを食す。美味。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。