フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS vs Android

2011年年初にあたり大胆予想をしてみたい。2010についに搭載機か、販売開始となったAndroidは今年どのようにiPhoneを追撃するのだろうか。iPhoneのシェアはAndroidに取って変わられるのであろうか。開発者としては、iOSとAndroidのどちらを使うべきだろうか。

予想その一、iPhoneの独走は続く。端末の出来はまだまだiPhoneの方が数段上である。センスの部分がまだiPhoneに追いつくのに時間がかかりそう。すぐにシェア逆転はなさそうだ。

予想その二、変化がはじまる。複雑ネットワークの観点から数が大きいグループの方に新しいノードが繋がる傾向がある。普通に時間が経てばiPhoneのグループの方がますます利用者は増えていく。しかし、これは同程度の利用しやすさの前提がある。Androidの方が利用者、開発者にとって使いやすければ逆転の可能性がでてくる。Androidは下回りはLinuxを使っていて、オープンソースである。この利点が決定的にユーザーを引き付ける可能性がある。次第に勢力図は移るかもしれないが、時間がかかる。目に見えるのは2011年ではなさそうだ。

というわけで、開発者はiOSとAndroidのどちらに備える必要があるのか。答えは両方ということになりそうだ。アプリケーションが出来たならば、両方のプラットフォームで売れたほうがいいに決まっている。労力は倍になるが、マーケットが広がるなら両方に出すべきだろう。両者の機能はほぼ変わらないと考えられる。ということであれば、どちらかが新しい機能を入れれば追従する可能性が高い。開発者としては両者の違いと同じことをさせる手段を押さえておくべきだ。どちらが主流になるか分からない時であればなおさらである。

iOSはiPhone、iPadで使われるとは言え用途が限られている。Androidは携帯に限らず様々な電子機器に入り、多様なハードの制御に利用されそうだ。iPhone、iPadといった限られたプラットフォームで勝負するならばiOS。広く受けるならAndroid。使われかたが異なる両者を比べるのは正しくはないかもしれないが、Androidの出番は多くなりそう。ということは、スマートフォンはまだまだiOS、いろんなデバイスを考慮すればAndroid、ということが言えそうだ。
スポンサーサイト

進化しすぎた脳

Julieさんのブログに面白そうな本が紹介してあったので、思わず読んでしまいました。
予想に違わず、目から鱗のお話が満載です。

この本というのが、アメリカの高校生を相手に「脳」の授業をしたときの講義録のような形式で書かれている。そのため予備知識が無い一般の自分たちにも入りやすい話題が多い。「脳ってどんなイメージ?」「意識があるってどんなことだと思う?」などなど。普段から持っている脳のイメージと、最新の研究でわかってきたことのギャップに驚かされる。そして、本当にこの本には興味深いトピックが詰め込まれているのだが、特に面白かったのは以下の三点であった。

一つは、『人間の思考は言語に縛られている』ということ。人間は言葉を操れるような声帯を持つように進化した。だから言語を作った。人間は考えたことを表現するために言語を作ったのではなく、その逆であるという主張に驚かされる。たしかに、日本語と英語の違いを考えると、「こういった考え方は日本語にない」、という場面に出会うことが多い。それは対応する言葉が無い、対応する考え方がない、ということもできるのではないだろうか。こういったギャップも、言葉が先にあり、思考があとからついてきたということを説明しているのではないだろうか。

次に、人間が見ている世界は世界の本当の姿ではない、ということ。人間の目が解釈した世界をもって、今の世界として扱っているに過ぎないということ。もしも、人間の目がトンボの目だったり、魚の目だったりすると今の世界とは違った世界が見えるということ。光に三原色があるのではなく、人間の目に赤、青、緑を識別する細胞があるからこそ、今のように世界が見えているのだそうだ。常識だと思っていることが常識ではないと、とても驚きがあり、新たな発見や発想に繋がるように感じる。

三つ目として、複雑系の話題が織り込まれていたこと。神経細胞同士の動きは、1つ1つの働きを追跡しても全体でみたときの動きを理解することができない。これまで科学がモノを細分化してわかったつもりになっていたが、相互作用が複雑な系ではそういったアプローチでは通用しないということだ。複雑系の解析の仕方などに注目しているので、ここは個人的に興味を持った。

この他にも、人間は脳の力を100%使っていないということの意味、脳が学習することの意味など本当に興味深い話ばかりである。興味がある方は一読することをお勧めしたい。

進化しすぎた脳 (ブルーバックス)進化しすぎた脳 (ブルーバックス)
(2007/01/19)
池谷 裕二

商品詳細を見る

二見ヶ浦

極寒の玄界灘

明日は英検準一級

明日は英検。ちょうど1年ぶりに準一級を受験、今度が二回目の受験となる。対策のポイントは2つ。昨年の反省から筆記のPart1が弱く、語彙を増やす必要があると考えていた点。更に、一週間前に過去問を解いたところ、リスニングがボロボロだったため急遽リスニング対策を実施した点である。

(1)語彙への対策
語彙を増やすために単語をやった。英語を読むだけで自然と語彙が増えればよいのだが、なかなかそうはいかない。単語をやってその後英文を読んで「ここででてきた!」という閃きが記憶の定着に繋がると考えている。このため、まずは単語を覚え、次に実際の英語を読むことで記憶の定着を図った。その結果、実際に英字新聞を開くと今回覚えた語が目に付くことがあった。ということは、本当に日常使われている語が足りていなかったと考えられる。例えば、NBAヒューストンロケッツのYao Mingが疲労骨折で出場が危ぶまれるといった記事や、Apple CEOのスティーブジョブスが休職するといった記事。swell, fragile, immune, ... とにかく次々と出てくるのだ。

(2)リスニングへの対策
耳がついて行かないことへの対策は、耳から英語を入れることで対処する。ABC Newsのポッドキャストをダウンロードし、外出時に聞く。家では海外ドラマを字幕なしで見る。Sex and the CITY, Brothers & Sisters, Desperate Housewives,など。SATCは早口でかなり難しい。あまりレベルが違いすぎると辛いが、難しいのからそこそこ分かるのまで変化を付けて。

(3)テストの性質への対策
長文問題の癖が少し分かった。長文を読み飛ばして解答しようとすると、そこそこ意味が合っている選択肢を選んでしまい、×となる。ベストアンサーを選択しなくてはならないので、丹念に読む必要がある。とはいえ一読しても分からないところは二回読んでも分からない。この辺は実は語彙を増やすことによって理解度が上がっていく気がする。気が付いた点としては、語彙だけ増やしても読む力が備わっていなくては読めるようにならないということ。

リスニング問題については、Part1は選択肢を先に読み、問題に備えるに尽きる。問題文が読み終えられた時点で即マークする。問題と問題の間の10秒は次の問題の選択肢を読む時間にする。このためには選択肢を時間内に読む能力も必要。Part2については、同じことをやりたいところだが問題と問題の間の時間に8個の選択肢をすべて読むことはできなかった。ここは聞きながら読むこともやっていく必要がある。最後のPart3はどこまで聞けるか。アナウンスのストーリーについていければ答えられるはず。ただし、引っ掛けポイントがあるので良くやられる。リスニングは全体を通して「集中力」次第。途中でトイレに行きたくなったりするとアウトなので明日は体調を万全に、暖かくして試験会場に行くことが必要。

今日の模試は7割取れた。しかし、1点2点で不合格になることはあたりまえにあると聞いているので安心して合格というレベルに到達していないと判断すべきか。しかし、昨年とは違い力試しではなく合格を狙う位置に近づいている。最後は「集中力」とみた。

英検準一級採点

昨日の準一級の解答が公開された。以下、自己採点の結果。

Reading Part1 18/25
Reading Part2 2/6
Reading Part3 16/20
Reading Part4 8/14

Listening Part1 7/12
Listening Part2 9/12
Listening Part3 6/10

66点で微妙に合格ラインに達していない模様。作文の採点結果で何点か変わるがそこは期待しない。

今回の失敗はReading。Part2は得点率が低いのではじめから捨てていた。1→4→3→2という順番で解いていったのだが、Part4に思わず時間を取りすぎてしまったためPart3の長文を終えた後でPart2に回す時間が無くなってしまった。(しかたなく適当にマークして2点獲得した。。。ちなみに問題は読んでいない。)

ListeningのPart1が思ったより取れていなかった。Listeningの21点は実は前回と同じなので、耳レベルは上がっていないのか?いやいや、もっと聞こえていたはずだが点になっていないのでちょっと悔しい。

一年前のテストでは61点だったため、随分合格ラインに近づいたとも言える。が、やはり遠い。しかし、評価すべき点はある。単語を集中して勉強したため明らかにPart1が上がった(ここだけで+4点)。少しづつでも積み重ねて早めに準一級と決着をつけたいものである。(今は合格ラインが7割でどうこう言っているが、一級だと問題が難しくなって合格ラインが8割だとか・・・)

というわけで、つづく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。