フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B型自分の説明書

またまた血液型の話だが、一風代わった切り口のこの本は売れてるらしい。
やっぱり、日本人は血液型の話が好きなのだろう。
B型の取り扱い説明書と題していて、中々鋭いところを突いてくる。

・人見知り。
・だけど、気分で人見知りも乗り越える。
・ホントはガラスの心を持っている。
・だから傷つきやすい。
・趣味が多い。
・ホワイトタイガーとか、鷹やフクロウを飼ってみたい。
・意味不明なモノを買う。(便器型キーホルダー・30センチのでかい鉛筆とか)
・部屋には自分しか理解できない趣味のモノが必ずある。
・その時ハマっていたモノの影響を受けやすい。

いやー、、、外れ項目も結構あるけど、当たってるのはピンポイントで来るなあ。

ところで。
この「~型自分の説明書」は各血液型分出版されている。
どの血液型の本が売れているのだろう、とちょいと気になった。
売り上げ部数は分からないので、Googleのヒット数を比べてみた。

A型自分の説明書 3,770,000件
O型自分の説明書 2,390,000件
B型自分の説明書 1,200,000件
AB型自分の説明書 428,000件

日本人のA・O・B・AB型の割合はそれぞれ4:3:2:1と言われているが
比率の多い準に並んでしまった。AB型のヒット数が若干低めなのは、
希少種に分類されたAB型としては、あまり血液型の話題に興味がない
ということかもしれない。

B型自分の説明書B型自分の説明書
(2007/08)
Jamais Jamais

商品詳細を見る


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。