フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAIKAN

体幹という言葉をご存知だろうか。
体幹とは体の中心という意味で、体幹筋は腹筋や背筋、胸の筋肉などの
体の中心にある大きな筋肉のことを指す。

マラソンはその体幹を使って走るというのが金 哲彦さんのマラソン理論。
マラソンは手足の端っこの筋肉を使うのではなく、腹筋や背筋など
胴体の筋肉を使って走るのが良いのだそうだ。
体全体を使うので、脂肪も燃えやすく、足に負担が掛からないので故障も少ない。
自分も1年ほど前からそのような走りを心掛けている。

11月のマラソンに向けて最近、時間を計って走り始めた。
先日のタイムが10kmでちょうど60分。
昨シーズのベストタイムよりも3分ほど落ちてしまった。
何が悪いんだろう、まだ調子が上がっていないのか。。。

そういえば、ランニングシューズを買ったのは1年前。
クッションもそろそろ弱くなってきたのでは?
スポーツ用品店で、自分の靴と全く同じモデルを手に取り見比べる。
確かに、踵が随分削れている。
ランニングシューズは、踵で着地したエネルギーを推進力に換えて
ランニングをアシストしてくれる。そのアシストが減ってきて、
最近走りにくさを感じているのだろうか。
初めてシューズを履いたとき、その威力は絶大だった覚えがあるからなあ。

そろそろ買い替え時と思い、シューズを眺めてみる。
今履いているのはASICSのNYモデル。
足の先が幅広になっているモデルで結構気に入っていた。
餅は餅屋、ランニングといえばASICS。
今回もASICSにしようと思ったのだが、、、

ReebokのTAIKANが目に留まってしまった。
これは金 哲彦さんの体幹をシューズにしたものではないか。
体幹ランニングと相性が良いに違いない!
ということで、早速購入してしまった。

Taikan1.jpg

サイズはちょっと小さく感じたので、ワンサイズアップ。(+0.5)
履き心地もまずまず。

Taikan2.jpg

靴の前後を繋ぐのはトランジッションジョイント。
ここが捩れることで、踵に掛かった力を踏み出す力に変えてくれる。
踵にもしっかりクッションが付いている。
思わず走り出したくなるシューズなのだ。
これで来月のマラソンに臨むとしよう。

体幹ランニングは色んな本になっている。
「体幹」ランニング (MouRa)「体幹」ランニング (MouRa)
(2007/11/28)
金 哲彦

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。