フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCが壊れたときは(混迷編 その1)

PCが壊れたとき、症状に応じてさまざまな対策が考えられる。
また、掛けるコスト(費用・時間)によってもレベルがある。

1.買い換える (データは救えない)
2.業者に依頼してデータを復旧させる
3.HDDからデータを吸い出すツールを使う
4.破損HDDをセカンダリHDDとして接続、ファイルをコピーする
5.セットアップCDから起動し、破損ファイルを修復する
6.セーフモードで起動し、必要なファイルを救う
7.CDブート/USBブートで起動し、必要なファイルを救う

メーカー品なのでセットアップCDもなし。5.は使えない。
今回はセーフモードで立ち上がらないので7.の手段をとる。
どうしても解決しなければ、HDDを取り出してならんかの手段を講じる。
が、ノートPCなのでPCを開けるときのリスクが発生する。
(4.より上はコストもリスクも大きくなる)

まずは、CDブートする環境を入手するところから着手しているのだ。
(その2に続く)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。