フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CP(コマーシャルペーパー)ってなんだ!?

日銀、CP買い取り2兆円で最終調整

はて、CPって何のこと?
聞いたことないな。。。と、この記事をスルーしてはいけない。
国のお金を企業に無担保で貸すよ、破綻するリスクがあるけど!
と言っているのだ。

世界全体の経済活動が鈍化する中、国内の企業も収益が落ち、
資金繰りに失敗すれば倒産の恐れがある。
そこで、企業がCP(コマーシャルペーパー)を発行し、資金を調達する。
ただし、CP発行にはある程度の信用力が必要とされている。
つまり信用力がある企業に対し、日銀は資金を投入すると言っている。

これには若干の矛盾を感じる。
一つには、信用力のある企業といえ、運転資金が怪しくなったのでお金がほしい、
CPを発行する、と言った段階ですでに信用力は低下しているのではないか。
二点目、日銀がCP買取をするのは広く考えれば国民の生活安定への対策と考えられる。
なぜならば、企業が倒産してしまえば、雇用減退、国民生活の不安定に繋がるから。
もし、国民生活の安定のため企業の倒産を防ぐために資金投入をするのであれば、
信用力があり、CPを発行できる企業に限定せず、国庫の資金を使うべきではないか。
大企業に対する優遇と考えられる。

ま、金額、対象など段階的なんだろうと思うけれど。
今回は、CPを発行しているけれど、信用力があって損失になる可能性は低いよと
言っているところがなんか気になる。
CP買取を受けた企業が結局倒産、となるケースは多いのではなかろうか。
引き続き注目していきたい。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。