フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債権のしくみ

債権のしくみについて、学んだことを整理。
国債は5年固定金利、10年変動金利があり、満期まで持てば元本保証がされる。
個人向け国債は1万円から購入可能。
5年ものは2年以上、10年ものは1年以上持てば途中解約が可能。
ただし、解約の場合は手数料がかかり、そのときの債権価格によって損が生じる。

債権の元本は変動する。
100万円の債権は、100万円の場合もあれば、101万円、99万円の場合もある。
一般に、不景気のときに金利が下がり、債権価格は上昇すると言われる。
たとえば、100万円でクーポンレート3,00%の5年固定金利の国債があったとする。
一般の金利が1.00%に下がったとすると、3.00%の国債は魅力なわけだ。
そうすると、債権の人気が高まり、101万円に上がる。
100万円で3%→101万円で3%となった場合、満期まで償還したときの金利は
下がってしまうことが分かるだろう。
101万円で購入し、100万円償還するとなると、1%のマイナス。
期間が5年間ならば1年あたり0.2%の利率低下となるのである。

好景気から不景気になると、「金利は下がり、債権価格は上昇」というのは
このような仕組みからくるのである。
債権は満期まで待てば元本が保証されるので安全志向の人には向いている。
しかし、途中解約で元本割れが起こるリスクと、一般の金利が上がった場合に
高金利の恩恵を受けられない恐れがある。
国債の期間は5年、10年と長期にわたるので、景気の影響は必ず受ける。
メリット・デメリットを理解し、ファイナンシャルプランを立てる選択肢の一つとして
選べるようにしておきたい。

(円を扱う商品なので、日本政府がつぶれるというリスクも忘れずに。。。)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。