フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21年 お年玉つき葉書当選番号

気が付けば一月も終わろうとしている。早い。
一月は行く、二月は逃げる、三月は去るといって、
年初の三ヶ月は過ぎ行くのがとても早い。
一月の末にもなると、毎年恒例の年賀状のくじの当選発表があるわけで。

ところでくじ運が良い人って居るでしょう。
~~にあたったことある、ロトシックスも当選したことある、などなど。
その点自分は、くじ運は再弱の部類に入るのではなかろうか。
ビンゴゲームなんかでもリーチにすら届かないし。
ましてや6桁の当選番号のくじときたら、奇跡的に3つ数字が揃って喜ぶくらいだ。

その点、年賀状のくじは弱者の味方。
下二桁で当選という高確率で勝負させてくれる。
100本に2本。
確率的にいくと、50枚年賀状をもらっている人は1本当選する。
とはいえ、この確率的にってのが母数によって変わるもので、
50枚やそこらもらったって、当選が0枚ってことも普通にあるのだ。
1000枚の中には20枚。これくらい母数がなくてはね。

というわけで、20枚やそこら年賀状をもらう自分も
母数が違うので100本に2本というのはブレがでてくる。
今回はなんと、もらった20枚のなかから2枚が当選した。
更に。
予備の年賀状が2枚ほど残っていた中から1枚が当選。
むむむ、切手シートが3枚も当たるとは珍しいこともあるなあ。
母数の少なさはあれど、逆に当たりが多い側に振れるとは。

当たる人って、どんどん当たると思うんだな。
「切手シートに運を使わないでいいのに」
とは考えない。
切手シートでも、年末ジャンボでもなんでもバカスカ当たって良いよ。
運って、ついてる人はとことんついてるからね。

平成21年用お年玉付郵便葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。