フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日間賀島のふぐ

愛知の知多半島から高速艇で10分少々。ほどなく日間賀島に到着する。
幸い天候に恵まれ、空は青く、雲が白い。
ところが、時は2月。最高気温は9度。実は風が冷たい。
そんな中にも南国を思わせるやしの木が。この島は夏は暑いんだろうなあ。
Himakajima1_h2.jpg

島に上陸すると目に付くのが「歓迎」たこさん。
「どこのブログにも載ってるから撮らないのー!」と突っ込まれるが、
ここはベタに行ってみよう。日間賀島にたこさんが居なかったらはじまらないぞう。
Himakajima1_h1.jpg

さっそくお食事。いきなりのふぐ刺し「てっさ」。見た目もきれいだねー。
やはり、というか皿が透けて見える。。
Himakajima1_h3.jpg

伊勢海老さんも登場。これがまたおいしいんですわ。島だから素材が新鮮なんだな。
Himakajima1_h4.jpg

本日のMVP、ふぐのから揚げ。うまかったー。
骨を中心に、三枚におろして揚げてあります。
Himakajima1_h5.jpg
ふぐの味って淡白だからどんなのだろう?って思い出そうとしてもなかなか言葉にならない。
その中ではから揚げの味は一番「あーこれこれ、この味」って感じがする。
(でも言葉にならない)

てっちりの準備。野菜もたくさん。
Himakajima1_h6.jpg

くつくつと煮込みます。淡白なお味。ふぐはあらのほうが入っとります。
Himakajima1_h7.jpg

ふぐさん、お世話になりました。おいしかったよ~!
Himakajima1_h8.jpg

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。