フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'うなぎ'の'あじ'は?

データベース入門中。
昨年買っていた「日経ソフトウエア」にDBの特集記事がちょくちょく載っていた。
「そのうちねー」と思って流していたDBの話も今なら実感を持って読める。
2008.10は「必ずわかる!データベース」~これさえ読めば基礎はバッチリ

日経ソフトウエア 2008年 10月号 [雑誌]日経ソフトウエア 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/08/23)
不明

商品詳細を見る


さらっと流すと、「PostgreSQL」のインストールガイドの1章、
DBを叩いてみる2章と、Javaでデータベースプログラミングを行う3章の構成だ。
SQLを叩く練習をしたいので、例のごとく3章はご無礼して2章までやってみた。
ま、ちかぢか必要になるのだが直近はSQLを叩くところを身に付けていこう。

まず、PostgreSQLのインストール。ガイドに従ってさっくり入れる。
これまでやってきたMySQLはコマンドラインから全てSQLを叩いてきたが
PostgreSQLはGUIのメニューが使える。

家計簿をつけるためのaccount_bookテーブルをつくり、データを追加する。
左上の窓にSQL文を入力し、実行ボタンで走り出す。
postgres_1.jpg

結果を表示するクエリ。結果が下の窓にでてくる。
Windowsの別ウィンドウとして開くことができる。
postgres_2.jpg

本書では、「シーケンス」をつくり主キーを連番で振る仕組みが紹介されている。
「あじ」を追加する同じクエリを発行すると。。。
postgres_3.jpg

IDが別で複数のレコードを追加することができた。
postgres_4.jpg

PostgreSQLを使った単一のテーブルへのアクセスを使った演習はここまで。
複数テーブルを使った制御はまたまた次回へ持ち越しと。
今回は、PostgreSQLを入れて叩いたところがポイントかなー。
次、いってみよう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。