フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラの練習中 もっと光を!

ただ今、カメラの練習中。

風景や人物のカスタムモードは便利で間違いがないが、
自分の写真を撮りたい年頃になってきたようだ。
デジタル一眼の真の実力を引き出すためには使用者のレベルを上げるしかあるまい。

写真になくてはならないものは、やっぱり光だろうね。
写真はPhoto、光子はPhotonで名前からして関係あるのかな。
自分で設定を決めて写真を撮るとき、十分な光が入らないと真っ暗で絵にならない。
光を取り込むには、シャッタースピード、絞り、露出、ISO感度などがありそうだ。

その中で、当初の最重要課題はシャッタースピードである。
鳥の羽ばたきや、水滴の粒、はたまた星空など
素敵な「絵」を撮るためにはシャッタースピードを自在に操らなくてはならない。
まずはシャッタースピードを変えるところから試してみようぞ。

カメラに付いているボタンをいろいろ触っていたら、なにやらシャッタースピードらしき
設定ができるようになった。1やら4やら250、1000、2000なんかが設定できて、
数字が大きくなるほど、シャッターが開いている時間が短くなる。
250だと250分の1秒間、シャッターが開いているということだ。

シャッターが開く時間が短いと、その分入ってくる光が少なく、暗くなってしまう。
そこで今回は、ISO感度で単位時間あたりに光が入ってくる量を増やして試してみた。
上の段が、シャッタースピードが1/1秒。
左から順にISO感度が200、400、800である。
SS1-ISO200_2.jpgSS1-ISO400_2.jpgSS1-ISO800_2.jpg
SS4-ISO400-2.jpgSS4-ISO800_2.jpgSS4-ISO1600-2.jpg
下の段はシャッタースピードを1/4秒に設定した。
ISO感度は400、800、1600で撮影。

1/4だと、最高のISO感度にしてやっと暗さがなくなった。
室内で撮るにはシャッタースピードが早すぎるのか。
気持ち、明るい絵が欲しかったらシャッタースピードを1/1まで落として、
ISO感度を800にすると良い感じ。1600にすると、ちょっと光が強すぎる。

数字を決めて撮って、並べて見ると、すこしづつ分かってくるなあ。
ガンダムは赤・青・黄と原色が多いから練習するのに良いのかも。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。