フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VC++はじめました。

Windowsアプリの開発は、開発環境のライセンスが泣き所だった。
通常、Windowsを購入し、Officeまで買ったとしてもVCまでは手が出なかった。
必然的に仕事で使わない限り、VCに触れる機会が遠のいてしまう。
これは残念なことである。

ところが、Visual Studio 2008はExpress Editionとして無償版の開発環境を提供するようになった。
今まで、ライセンスの問題があったVCの開発環境が気軽に手に入るようになった。
これはすばらしいことだ。Windowsアプリ開発の裾野が広がった気がする。

というわけで、早速インストールしてみたのはVC++。
朝インストールを開始して、帰ってくると、再起動待ち。リブートでインストール完了!
VCInstall.jpg

さっそく、フォームに乗せてみた。ラベルと、ボタン。
VCInstall_1.jpg

ボタンを押すと、MessageBoxで「Hello World!」を表示。
VCInstall_2.jpg

動く環境があるというのは良い事だ。
そういえばこのVisualStudio2008を入れたのは、実は2回目ではなかったかな。
前回は、インストール直後にHDDがクラッシュしたような。。。
そろそろ、バックアップが必要な予感がする。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。