フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DB 前日は予行演習

試験前日の土曜日は、予行演習に充てたい。

まず、午前。普段の出勤する時間に起床して、持ち物チェックを行う。
鉛筆、消しゴム。時計に受験票。会場のチェックも忘れずに。
鉛筆は、シャープペンもよいが、早くマークしたいならHBの鉛筆。
もっと早くマークするには2Bを使うというウラ技もあるが、
訂正するときに黒く残るので諸刃の剣かもしれない。
写真がまだなら、昼に撮りに行こう。散髪までの余裕はないか。

スケジュールを確認しておくこと。試験改正で午前が2つに分かれた。
9:30から50分間で午前I
10:50から40分間で午前II
午後はこれまで通り、90分と120分。

予行演習も、このスケジュールに沿って行いたい。
午前Iが曲者で、これまでのDBの午前問題の範囲で出題されていない、
コンピュータ基礎科学や、ネットワークからも出題される。
ITパスポート、基本情報、応用情報のいずれか、
午前Iのリハーサルとして演習に組み入れよう。
午前IIは、これまでのDB試験の復習をしよう。
採点方式も、素点で評価されるようになった。一問一問を大事にしよう。

昼休みもしっかり取ること。
明日の昼食に何を持っていくのか、おやつは何にするのか決めておこう。
午後の試験も長い。
暖かいお茶、チョコレート、などなどリラックス&集中できるものを準備する。

午後Iも復習をしよう。
3問中2問選択になるが、内容は変わらないはずだ。
問題選択に悩むくらいなら、1と2を回答すると決め打ちしても良いかもしれない。
性能や、データベース監査など苦手な問いだったら3つめの選択肢へ。
最後の午後IIはいかに長文を読み解くか。
過去問を読み、いかに早く問題業務の要件を押さえるかに注力しよう。
最後の2時間、途中で思考を中断しないように。リラックス&集中を心がける。

ここまでやったら頭はぼろぼろ。
夕食は早めに取って、荷物を鞄に詰めて早く寝よう。
明日起きたら、茶を沸かして持っていく余裕が欲しいかな。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。