フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のトラ技はすごい

今月のトラ技はすごい。
付録のボードをUSBポートに差し込むだけでマイコンのプログラムを動かせるのだ。

何がすごいのか解説せねばなるまい。まず、第一に画期的なのは、雑誌を買ってきて付録のボードをすぐ使えること。はんだ付けが不要なのだ。これまで、『インターフェース』誌などでもメーカーとタイアップしてマイコン搭載ボードを付録に付けて来たが、付属の部品を購入して、はんだ付けをする必要があった。敷居が高いのがまず、部品。どうやって手に入れたものかとても思案する。手馴れた人ならば、電気街の部品屋さんに行ってちょいちょいと買えるかもしれないが、スーパーに行って料理のレシピを見ながら野菜を買うようには行かない。なにしろ、どの部品がどんな形をしているかわからないのだから。(お店の人に欲しい部品リストを渡して選んでもらうのはできるけれど)通販をするにしても、どこから買ったら良いものか途方に暮れてしまう。

つまり、ハードの準備が面倒だったのだ。
この面倒さを飛ばして、完成品にして付録にしたのは大きな意味がある。

すごい理由その2。通常、マイコンを搭載したターゲットにはシリアルポート等を使ってプログラムをロードする必要がある。今回のターゲットはUSBポートで接続することができる。いまや、シリアルやパラレルなどのポートはどのパソコンにも常備されているわけではない。代わりに普及しているUSBポートで接続できるのは大いに意味がある。専用のケーブルも要らないし。

この障害を取り除いて、純粋にプログラムの作成、ターゲットへのロード、実行ができるのは素晴らしいことだと思う。PC上のソフトウエアだと、文字を表示し、音を鳴らせる。頑張れば絵も表示できるが、そこから先はハードの世界。LEDが点灯する、モーターが回る、センサーが検知する、という所はハードを絡めなくては実現できない。

これを機会に、組み込み・ハードウエアの敷居が低くなることを願うばかりである。
ちなみにトラ技は『トランジスタ技術』の略。知ってる人はみんな『トラ技』。

トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2008年 08月号 [雑誌]トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/07/10)
不明

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご案内

はじめまして、「エンジニアアワード」事務局の小島と申します。
http://www.engineeraward.jp/
トラ技の記事を拝見させていただき、上記コンテストがお役に立てるのではないかと思い、書き込みをさせていただきました。
もしご興味がおありでしたら、ご覧いただければ幸いです。

小島 | URL | 2008-07-18 (Fri) 04:48 [編集 ]


エンジニアアワード

小島様

「エンジニアアワード」。このような企画があったのですね。とても興味を持ちました。時間も決まっていますが短期決戦でちょっと考えてみようと思います。
のご紹介ありがとうございます

フク | URL | 2008-07-19 (Sat) 19:21 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。