フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prince Caspian

カスピアン王子の角笛。
執筆された順番は2番目で、ナルニアの年代順では4作目。ディズニーで映画化されているので、そろそろと思い書架から引きずりだしたが読了までが長かった。(2ヶ月はかかりすぎかな。)

ピーター たち四兄弟の王・女王が居なくなった後のナルニアが舞台の話で、喋る動物や、ケンタウルス、ニンフたちが居たことは御伽噺として語られている時代。今や別の人間の王が治めており、カスピアン王子は伝承で語られるそれらの話は実在したものと信じているのだった。

気になったのは、カスピアン王子がこの物語の主人公と思いきや、全く活躍しないのだ。
どちらかというと、「4兄弟再び」の印象が強かった。

Prince Caspian: The Return to Narnia (The Chronicles of Narnia)Prince Caspian: The Return to Narnia (The Chronicles of Narnia)
(1994/08)
C. S. Lewis

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。