フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5・30全日本プロレス愛知県体育館

5・30の全日に行ってきた。
新日、新日と続いて今回は全日。
全日は初めてだし、半分以上は知らないレスラー。
とはいっても、残り半分は新日に出てたとかで知っている。
2000年より前は全日と新日のリングを行き来するなんて考えられなかったのにね。

今大会の見所は、なんと言っても高山x鈴木の三冠戦。
GUREINTAIの同門対決だけになかなか実現できないカードである。
おなじみ武藤、曙、浜亮太の相撲部屋タッグだとか、
3人だけどF4の小島聡とか、
なぜかブードゥーマーダーズ入りしている元新日の稔とか、
第一試合から見逃せない西村修とか、結構見所が多し。

プロレスの会場では掛け声をかけるのが外せない。
(って、なんか歌舞伎みたいなはなしだなあ。。)
応援する選手に声援を送るもよし。ヒールにブーイングを送るもよし。
全日ファンの人なら知っている、ここぞという掛け声ポイントに乗れると気持ちがいい。
小島の『いっちゃうぞ、バカヤロー!!』は、やっぱり会場中の大コール。
レフェリー、和田京平→「きょうへーい!」には2回とも乗りそこなって悔しい思いをしたり。
リングと会場との一体感を感じるのも楽しみのひとつかと。

前半の第一試合~第三試合はどれも好勝負。
西村のアッパー気味のエルボーは思ったより痛そうな音がしてたよ。
休憩を挟んだ第四試合はちょっとしょっぱかったなぁ。。。
試合順とかカードとかいろんなものが悪かった。
第五試合はジュニアのシングルタイトル戦、
第六試合には武藤がでてきて次第に盛り上がる。
曙がちょっと痩せてた(絞ってた)のを見てちょいとびっくり。

第七試合は待望の三冠戦。病気から復帰した高山がどこまで元気になったかに期待。
復帰してからはや1年ほど経っているらしく、ずいぶん体調はよさそう。
試合内容は申し分のない好勝負。今の鈴木と高山にしかできない試合だった。
高山の強烈なニーリフト、鈴木の執拗な足殺し、ゴッチ式パイルドライバーは圧巻。
最後は高山のジャーマンで王座防衛となったけれど、勝ち負けは問題じゃないね。
他のレスラーがやってるどの試合にも負けない試合をやった、鈴木と高山の勝利に映った。

全日も良い試合をするなー。新日も負けないようにがんばって。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。