フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソースが決め手

焼きソバの話ではない。

プログラムのソースコードは日々進化を続けており、
変化についていけない大型動物は淘汰される運命にある。
ソースを書くことを仕事にする人も、時代についていかなくてはならない。

実は、ソフトの仕事はソースを書かなくてもできてしまう。
要件や上位設計をやるヒトはソースを書くところは他の人に任せることがおおかろう。
管理職になるヒトは現場から離れてソースを見なくなることも確か。
しかし、上位工程をやるからにはコンピュータを知らなくてはならないし、
管理職も不況のせいで現場復帰したり、
プロジェクトが細かくなって選手兼監督の立場になることもしばしば。
要は、その局面によってソースと向き合えるようになってないといけん、ってことだね。

で、しばらく現場を離れていた、または、一つの言語ばっかりずっとやってて
他の言語にうつってきてさあタイヘンってことになったとしよう。
そのときはどうするか。

はじめての言語に向き合うときは苦労が多い。
前使ってたあの言語だとこんなことができたのに、できないとか。
逆に、この言語だと文字列操作が楽にできる「はず」なんだけどうまく使いこなせんとか。
コンピュータ言語の習得も、語学の習得と似たようなところがある気がする。
まずは使ってみる。慣れるには使うしかないよね。
あとは、まねする。うまいヒトのものまねをしているうちに、
ああ、こういった言い回し(書き方)をするとスマートなんだ、ってわかるようになる。

あと、問題なのは世の中にはたくさんのプログラム言語があって、日々進化していること。
携わった言語には対応できるかもしれないけれど、使ったことがない言語に
ぽんと当たることがある。
普段からすべての言語に精通ってのは時間がいくらあっても足りない。
そうすると対策としては、CとかJavaとかメジャーなところを押さえつつ、
新しい言語に取り組むときのコツを身につけていくことだろうなあ。

と、新しい言語と格闘しながら思ったとさ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。