フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋王決定戦

子供の頃、将棋が好きだった。
特に夏休みに遊びに行く親戚の家で、年上と指す将棋は最高に面白かった。
こっちは子供、相手は大人。勝てば嬉しい。リスクは少なく、リターンは大きい。

負けても次こそはー、と次の対戦まで研究を重ねる。本屋で将棋の月刊誌を買って、棋譜を盤上で再現していたので、研究熱心だったと今でも思う。当時、「矢倉」という戦法が流行っていて、随分真似をした。飛車を定位置から動かす「振り飛車」という戦法も格好良くて使ってみたのだが、性に合わなかったようだ。

一度も勝てなかった祖父に挑み続け、初めて勝てたのが中学生の頃。最強を誇った伯父を破ったのが大学生の頃だったろうか。あの時が親戚中での『名人戦』だったな、と今でも懐かしく思い出される。ネットで将棋が指せる時代になっているが、何といっても直接指す将棋が楽しい。この手はどうだ、どう切り返すのか、といった腹の探り合いが緊張感を誘う。

また将棋を指してみたいな。
今度会った時は将棋を一局、と誘ってもらえるととても嬉しい。
ただし、手加減は一切しないけどね。

決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
(2005/07)
羽生 善治

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。