フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識の在処

VC、Windowsアプリでの話。

アプリの処理時間が長いと、アプリ側の異常である可能性があるため、
ビジーダイアログが表示され、別タスクに切り替える処理がデフォルトで実行される。
ただ、本当にアプリ側で長い実行時間が必要とされる場合は
いちいち手動でタスクを切り戻さなくてはならないので面倒で仕方が無い。
このビジーダイアログを抑止する方法はないのか?

15年前だったら何冊もの書籍にあたり、
「この人なら知ってるかも」という知識人にお伺いを立てたり、
それでも解決できない場合はプログラムを変えてごまかしたりと
何かとタイヘンだった。

21世紀の開発環境はちょっと違う。
Googleにキーワードを入力して一発検索。
ほぼ上位3件の中に求めていた回答が含まれている。
便利な世の中になったものよのう。

しかしちょっと待った。
この便利な環境は一体誰のお陰で手に入れることができるのか。
それはインターネット上で質問・回答をしているコミュニティの人たちだったり、
自分が苦心した躓きやすい問題の解決方法を公開している識者の
お陰ではないのだろうか。
はやり、人の活動あってのネットワークなのである。
自分もいつかは人のために、と思うのだけれどなかなか
そういった事例を公開するに至らないのだが
つい先日、面白い事象にあたった。

WindowsアプリからExcelファイルを開こうとしたときに
win2000では開けるが、XPでは開けないという現象に逢った。

_WorkbookPtr pBook = pBooks->Open("Excelのファイル名.xls");

という記述をしていたのだが、Openメソッドの代わりに_Openメソッドを使用すると
XPでも動作できるという結果だった。

たまたま発見した上に、Openと_Openの違いもわかっていないので
なんとも心もとないレポートで恐縮だけれど、
世界中のどこか、同じ問題で困った人がこの記述を見つけてくれると良いなあ、と
思う次第なのでした。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。