フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔のいる天国

星新一さんのショートにを読むたびに思うのは、
時代を先取りしていたのだなあ、と。
出てくるのは、科学者。宇宙飛行士。悪魔。宇宙人。ロボット。それと人間。
それから今のSFはどれだけ進んでいるだろうか?
いや、ほとんど変わってはいまい。

SFって、その当時の最新の科学技術を捕まえて、組み入れるから
ずいぶん進んでいる。はず。
最近の科学のトレンドってなんだろうなぁ。
素粒子、ニュートリノとか、物質の単位が原子よりも小さくなったこと。
ビッグバンとか。量子コンピュータとか。
そのへんを組み入れたSFがあってもいいんではないかなー。

でもまあ、どれだけ科学が進んでもショートショートにでてくるのは
人間だろうね。
味付けがSFで宇宙人がでてきても、一番奇妙で、描きがいのあるのは人間だ。
なんてことを星さんは言ってるような気がするなぁ~

悪魔のいる天国 (新潮文庫)悪魔のいる天国 (新潮文庫)
(1975/07)
星 新一

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。