フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレードランナー

2019年のロサンゼルス。荒廃した地球では絶えず酸性雨が降り注ぎ、
人間とそっくりの外見を持つレプリカントが存在する。
空には飛行船、空飛ぶクルマが走り回る。

あと10年でブレードランナーの世界に届くのだが、
まだまだロボットも空飛ぶクルマも登場しそうにない。
スペースシャトルで地球と宇宙を行き来するのはまだまだ夢。
が、工場の灯りが煌々と点り、酸性雨が降りしきる世界は
避けられそうな気がする。地球環境意識が本当に高まれば。。。

ちょっと退廃的な世界観で賛否両論あると思うがSF的にはカッコイイ。
そこにハードボイルドな捜査官は組み合わせが絶妙!と思うのでした。
「レプリ」はアンドロイドと言っても想像以上に人間っぽくてちょっとコワイね。。

ブレードランナー 最終版 ― ディレクターズカット [VHS]ブレードランナー 最終版 ― ディレクターズカット [VHS]
(1993/01/22)
ハリソン・フォード

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。