フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

敵を知り己を知れば百戦危うからず

といいますが。
いつまでたっても分からないのが自分というもの。

StrengthFinderを使ってアンケートに答えると、
自分の普段の行動パターンから表面に出やすい性質が分析される。
それはつまり、自分の強みは何か知ることができるということだ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る


自分の強みは、着想、勉強欲、達成欲と出た。
着想はアイデアのこと。いろいろと発想を出すのは楽しい。
勉強欲は、いろんなことを学習する過程に重きを置くもの。
外国語を学んだり、料理をやったり、カメラをやったり、走ったり。
学ぶことで上達することに楽しさを見出す。
達成欲は、毎日何かを成し遂げたいという欲求のこと。
一日ぼーっと過ごすのは耐えられない性分らしい。
ブログを一本書くと、一日が終わったという気分になるのはそういうことか。
(なんだか、このブログに性格が現れているなぁ。。。)

勉強欲は何か新しいプロジェクトに取り組むといに、
積極的に知識を身に着けていくことに向いている。
この性質のおかげで、これまでいろんな開発プロジェクトで
スターティングメンバーとして参加することができた。
一方で、この勉強欲というのは結果よりも過程に重きを置くようだ。
結果は出なくても、学ぶことに意味を見出している。
達成欲も加わって、やって続けば満足してしまうようだ。

ということは。
自分が活動するテーマの選定が重要ということになる。
この本「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」では、弱みをカバーするトレーニングではなく、
強さを磨くことに時間をかけなさいと言っている。
日本ではとくに弱点克服に注力する傾向があるそうだ。
確かに自分も、いままで弱いところをカバーするように勉強をしようと考えていた。
そうではなく自分の強さに注目してみたい。
で、自分の強さって何だ?って話になると、着想と勉強欲と達成欲。
枠組みはわかったけれど、何に力を注いだらよいのかという対象が問題だ。

これまでのように、目に付いたものを片っ端からというので良いのか。
きっと、外国語やダンスを習ったり、花をやったり、身に付く課程が楽しいのだろう。
そうではなく、何か1つのことに集中して、着想を生かしていくのが
本当の自分の強さを生かせるのではないか?と思うのである。
その興味の行く先は、資質による向き、不向きは無いのだそうだ。
それだけに、何に力を注いだら良いのか迷ってしまいますね。
逆に考えると、色んなことに興味を持ってアイデアを出せることこそが、
自分の強みなのかと思ったりしました。
ちょっとは自分のことが分かってきた気がしますねー。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。