フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフト開発の提案力

プログラムを作って売る時代は終わった、これからは提案ができなければ。
と、言われ始めて久しいが実は、提案型といっても何を提案してよいか
本当のところピンときていないのであります。

先に製品があって、「こんなものありますよー」というパッケージ販売は
お客様のニーズに合えば使って頂けるかもしれませんが、
無理してパッケージを買って、それに使い方を合わせるケースは少ないでしょうね。
(ERPなどの業務全体を扱ったシステムだと話は別でしょうね。)

先にプログラムを作るのでなければ、どうやってシステムを作っていくかというと、
顧客のニーズをよく聞き取りし、システム化範囲を決めて作っていくのだと思う。
そうすると、結局自分たちのやりたいことを熟知しているお客さんのシステムしか
システム化ができませんよ、ということになる。
そうではなくて、ソフト開発のベンダから何か提案できることを考えましょうよ、
と言っているのである。

つまり、
 『自分たちが何を得意としているか提案します。ただし、完成品(パッケージ)を出してはいけない。』

というお題に置き換えることができます。

自分でお題を考えたのですが、なぞなぞかトンチのような気分になってきました。
要求が先になくてはシステムはないのに、要求を提案することができるのだろうか。
案の一つとしては、幅広いお客さんが興味を持ってくれるプロトタイプをつくり、
ウチはこんなことができますよ~という技術紹介をする。
その上で、お客さんのやりたいことをシステムに乗せてみませんか?
という提案をするのはどうだろうか。
そのためには、お客さんがほしがっているのはどんなものか情報収集が必要だったり、
隠れたニーズを引っ張り出すにはどのようなプロトタイプが妥当なのか、
ってところが工夫のしどころなのでしょう。

そんな風に一つ考えてみたけれど、はたして実現可能なのかな。
新しい技術を使ってプロトを作ると興味を持たれるかもしれませんね。
業務系だとか、メーカー系だとかでお客さんのニーズの方向性も違うので
一概に言えませんが。
提案力って何かなって考えてみました。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。