フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SA:採点しましょうね

IPAのホームページの模範解答で答え合わせをした。

# Google Chromeでは模範解答のページにたどり着けない気がしたが、
# IEで一度見ると、開けた。気のせいだったろうか。

公開されたのは午後IIのみ。
スコアは19/25なので、100点満点にすると76点。
とりあえず合格!

落とした6問とを復習しておくのが試験の価値というものではなかろうか。

問1
いきなり×。UMLのアクティビティ図は、プロセスの並列処理を示すそうだ。
フォークノード、ジョインノードを見ればであることが解答できる。
消去法でアとエは消して、イにしていたが不正解。
イはユースケース図なのかな。

問3
BPMNについて。
そもそも、BPMNがなんだか分からない時点で得点の可能性は低い。
BPMNは、Business Process Modeling Notation(ビジネスプロセス・モデリング表記法)
UMLをビジネス寄りにした感じだろうか。イベントやアクティビティを使う。

問12
共通フレーム2007。
システム化計画の後、要件定義を行う。エが正解。
イを回答したのだが不正解の模様。
だったら、システム開発を担当する組織や責任部署はどの時点でやるのだろうか?
開発担当は要件定義の後でも良い気がするのだが。

問15
企画業務では全体最適化をめざす。ア。

問16
要件定義は利害関係者のニーズを整理して業務上実現すべき業務を明らかにする。ウ。

# 15も16も、さっぱり分からん。

問18
そもそも、選択肢からついていけない。
品質機能展開、というキーワードを学んでおこう。
田口メソッドは品質工学だそうだ。


以上、6問不正解。
他にも勘で正解した問題も多かった。

SQLインジェクションは確信が持てなかった。特許は常識で解いた。
RFI、RFPは意味を知らなかった。
BIは何のことかわからなかったし、シリアルATAは消去法。
自然結合はselect *かと思ったし、ARPとRARPはどっちがどっちか迷った。

まあ、こうやって知識レベルが落ちないようにブラッシュアップしていくのが良いのかな。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。