フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフラとしてのネットワーク

引越しの手続き、電気・ガス・水道。
電話に加えてインターネット。

転居先で復旧が遅いのがインターネット。
工事だかなんだかで、2週間程度見てほしいとか。
もう少し早くならないものですかね。
もう何年もADSL8Mを使っているけれど、今回もプランの変更なし。
帯域広げる?光にする?とか思うけれど、料金が上がるとなると今回も見送り。
ADSLも3000円~4000円が相場のようだけれど、ちょっと高い気がするなあ。
携帯料金も競争で下がってきたし、2000円程度が妥当な感じがする。
感覚的なものだけれど。

しかし、インターネットの常時接続はもはや当然のような感覚になっている。
実はここ10年の中で最も進歩したことは、ネットワークへの接続が
ダイヤルアップから常時接続への変化したことなのかも知れないなぁ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。