フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット接続環境・復旧

電話回線開通から、待つこと一週間。
プロバイダの工事が完了してようやくインターネットに繋がった。

PCの電源を入れればネットに繋がるのは、
蛇口を捻れば水が出てくる感覚に似ている。
それほどまでに、インターネット常時接続に慣れてしまっていた。
やはり、2000年~2009年の最も大きな進歩は
インターネットの常時接続であろうと、またまた確信したのであった。

次の10年。2019年までには、今のように据え置きPCで
プロバイダの開通を待たなくてはインターネットが使えない、
という状況はなくなっていると思うね。
ワイヤレスLANと携帯電話の境界が完全になくなって、
携帯を使う感覚で、どこでもインターネットに繋がるように
なっているのではないかな。
今でも、モバイル端末にデータカードを挿したり、
無線LANのスポットに行けば同じようなことができるのだけれど、
もっと安価に、もっと便利になっているのではないかな。
さすがに、PC無しで紙のようなモニターを持ち歩くまでにはなっていないかな。
(Kindleが単独でネットに繋がって、ニュースを読めるとか、そんなのはありそうだなー)

いろんな10年後を想像しよう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。