フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC 自宅模試

今日、今の時間、全国的にがっちりTOEICが開催されている。
もし、今回のTOEICに申し込んでいたら、どれくらいのスコアなのだろう。。
なんて思いながら、自宅で模試を流してみるのでした。

◆Listening 得点レンジ 350-400
得点レンジがこれまでのハイスコアより上を指している。
自分の中でも明らかにこれまでと違うことが起きた感じがする。
というのは、問題1問の中で、頭から最後まで全部聞こえる問題がでてきたのである。
これまで、部分的に聞こえ、こうかな?という選択肢を選んでいたのだが、
全部聞こえているのでまったく疑いの余地がなく回答することができる問題がでてきた。
もっとも、全問そういうわけではないのだけれどね。
この比率が上がってくればひょっとしたら、Listeningなんて楽勝になるのかもしれない。

何をやったらこの様なことが起きたのか!?
ひとつは、ジョギングしながらずーっとABBAを聞いていたこと。
もうひとつは、、、もっと効果が出てから書くことにする。

◆Reading 得点レンジ 330-375
Readingは悲惨なことになっている。
というのも、制限時間75分に対して、全問回答できなかった。
時間については今回は目を瞑って全部解いたけれど、30分オーバーしたなあ。
多読サボりすぎ。あと、PartVやVIで悩んでもわからない問題を悩みすぎた。
こっちはほとんど進歩なし、むしろ鈍っているねえ。

やってて知らない単語がでてきた。
contractと subscribe。
何度も出てくる&わからないから気になってねえ。。。
というより、contractがわからなくても600点以上取れるTOEICってどうなのよ?
って思わないでもない。
(さすがに、こんな意味かなって推測できるけど)

というわけで、合計のスコアレンジは680-775。
今度受けたら記録は伸びそうな気がするなあ。
しかし、PartVやVIは、依然としてまったく解ける気がしない。
単語の意味とか文法とか知らないと駄目?
多読を続けていれば、いつかわかる日がくるのかしら?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。