フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who Was Wolfgang Amadeus Mozart?

Who was...モーツァルトです。

モーツァルトについての予備知識、ほとんどなしで読みました。子供の頃の神童ぶりに比べると苦労が絶えない生涯という印象を受けます。いつもお金に苦労していて、とてつもなく稼ぎ、とてつもなく使う音楽家。なんだか、現代の日本でも聞いたことのある話のようですが。。。

楽器、オーケストラ、オペラハウス。モーツァルトのオペラには歌唱が入るのですね。(あたりまえか。オペラだもの。)ちょっと苦手な分野です。それでも、子供の頃からピアノの音が良かったり、オーケストラの音を聞き分けたり、すごく耳が良かったのがわかります。耳もよく、記憶力も良く、まさに天才だったのだろうと思われます。

Who Was Wolfgang Amadeus Mozart? (Who Was...?)Who Was Wolfgang Amadeus Mozart? (Who Was...?)
(2003/04/28)
Yona Zeldis McDonough

商品詳細を見る


今日もTANGOの時間です。。。って、あんまり「知った単語はでてこないか!?」って考えながら読むと、いまいち集中できなくて良くないですね。無心。その上で、ビビっと来るような、単語とのそんな出会いをしたいのです。

今日は「furious」。オペラ、『Idomeneo』の中で、約束を守らなかったために、海神ネプチューンが「furious」したというのだそうです。「怒る」と一口に言っても、anger, rage, outragedって色々あります。しかし、どれがどれくらい怒ってるのだろう?というのが今いちよくわかりません。angerよりrageの方が怒りは強そうだって感じはするのですが。furiousはどの辺なのでしょうね。ネプチューンが怒るってことは、人間では及ばないくらい、相当カンカンになってるんだろうか。。。って想像をしてしまいます。

すると、もう少し後のくだりで、モーツァルトがウィーンで失職したときに、父レオポルトも「furious」したと言っています。果たして、モーツァルトの父はネプチューンほどの怒りであったのかは定かではないのですが。。。とにかく、これでまた一つ頭の中のフックに引っかかる言葉が増えたようです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。