フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRAFFIC(見ました編)

この前の書き方では「TRAFFICを途中で挫折した人」で終わっていたのでは?いえいえ、最後まで見ました。ばらばらの場面で進んでいくストーリーが次第に交差していくつくりのストーリーですが、最後の収束する様がしっかりしていて見ごたえありでした。(ただし、2時間半の長編なので、途中で空腹になるという危険性あり!)

登場人物、キャストがすばらしかった。メキシコの麻薬捜査官を演じたベニチオ・デル・トロ。これがカッコ良いのです。麻薬撲滅のために全力を尽くす彼の姿が良いのです。複雑に絡み合ったストーリーの一本の大きな筋ですね。それにしても、デル・トロ。なんか日本人っぽい顔立ちのような、、、中村雅俊を思い出してしまいました。もう一つの大きなストーリーラインで活躍する、麻薬取り締まりの長官を演じるマイケル・ダグラス。合衆国の麻薬戦争のトップとして戦う立場にありながら、家庭でも問題を抱えている役柄。緊急事態にどのように立ち振る舞うのか。この人もまたすばらしくカッコイイ。とにかく見ていて、この映画すごいな~と感嘆するばかりなのです。

公開が2000年。10年の月日が流れています。当時のアメリカの問題を描いた作品ですが、今も変わらないテーマとして見れることでしょう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。