フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOOT

HOOT読みました!

この本ですねえ。前から気になっていたんですよ。この表紙。(キャラメルコーンの袋のような。) そしてタイトル。(どんな意味?・・・ホーホーっていうアレです。) そのうち読みたいなーと思っていたの一冊でしたが、今年は攻めの姿勢でどんどん読みます。前から読みたかった本にチャレンジしていきます。

絵なし、学校モノ、という実はちょっと手ごわいジャンル。PBはPBの難しさと別に、児童書は児童書の難しさがあると思うんですよ。結構難しい文でてきます。ちょっと油断すると1/2ページくらい置き去りにされますので。。登場人物がそう多くなく、「あ。この人誰?」とかいう難しさはなかったです。(いや、でも1人くらいはあったかも。)この辺のむずかしめの児童書の理解度が上がると良いなーと最近思うようになりました。(理解度を求めるって、ちょっと危険ですよね・・・)

お話はですねえ、面白かったです! 前からこの本が気になってた人にはおすすめします。 話題の一冊、というわけではなく、なんとなーく手にとって、これ面白かった! という、そんな感じの本です。 


HootHoot
(2004/05/11)
Carl Hiaasen

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。