フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amber the Orange Fairy

Rainbow Magicです。このキラキラ表紙。星はもちろんエンボス加工。この本にはそれなりのテンションで臨まないとついていけません!たとえばですね、このRainbow Magicはおおよそその巻のFairyを探すところからはじまるのですが。海辺でやや大きめのscallop shellを見つけるわけです。どうやら、この中にFairyが居そうなのですが、開かないんですね。そこで魔法の羽根が登場します。その羽根でどうするんでしょう?なんと、貝をくすぐって開けちゃうわけですよ。これはもう、なんと言いますか。ここで「カ、カワイイ!」って思わないとテンション的に釣り合わないなぁ~なんて思うわけです。(あ、無理にとは言わないです。淡々と読むのもそれはありですよね。。。)

ま。というのは置いといて、児童書と侮ってはいけません。かなりでてきます。知らないことば。じゃ、「goose bumps」分かる人!?ヒントはですねえ。よく晴れた日に浜で遊んでおります。海から出ると意外と寒くなって、「goose bumps」がstand outするわけです。こうやって、あ、ひょっとしてアレかも?って思うときは良いです。もちろん、お手上げなのもあります。貝からでてきたFairlyが、ずっと貝の中にいたから私の羽がちょっと「stiff」なの。。。って、ちょっと想像がつかなくないですか!?とかそんな風に知らない語がばかすかでてくると、キラキラ児童書も侮れないなあ、と思うわけです。うーむ。


Amber the Orange Fairy (Rainbow Magic)Amber the Orange Fairy (Rainbow Magic)
(2003/05/29)
Daisy Meadows

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。