フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Saffron the Yellow Fairy

Rainbow Magicは『超ハイテンション』でなくてはついて行けません!今回なんと、養蜂場で黄色い妖精Saffronを見つけます。Jackflost's Goblinから隠れるために養蜂箱の中にいたSaffronは蜂さんたちと仲良しになってました。さ、みんなの所に行って、Jackflostから色を取り戻すぞ~!とか言ってもSaffronは蜂さんたちを撫でるのに忙しくって、なかなか出発できません。キャ~、カワイイ! ・・・って感じでしょうか。

児童書は挿絵が多く、ちょっとした難しい単語・表現があっても、「あ、ここのことか!」って挿絵から分かることが多くあります。たしかにRainbow Magicも挿絵は多いのですが、なにしろ雑。ざっと書いてあるんですけど、文章で書いてあることがたまに絵に入ってないことがあります。手抜きというワケではないのでしょうけど、そのへんがムズカシかったりします。「Rainbow Magic」くらいはすらりと読みたいな~って気持ちはあるんですけど、全部押さえようとすると難しいところが目立つんですね。話の筋自体はわかるんですが、そういう意味だと、難しいトコロを含む、のでしょか。Rainbow Magic。


Saffron the Yellow Fairy (Rainbow Magic)Saffron the Yellow Fairy (Rainbow Magic)
(2003/05/29)
Daisy Meadows

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。