フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010データベーススペシャリスト 教科書

データベーススペシャリストの教科書を買いなおすべきか?これについてはリサーチの上(?)2009年版を持ってる人は、そのまま使ってよしと判断しました。昨年の試験制度改正によってデータベースはほとんど影響を請けていないせいか、「教科書」も中身がほとんど改版されていませんでした。問題解説のところは最新になっているけれども、前半の解答テクニックなどはそのままでしたので。無理に新しくする必要はないのかな、と。

ただ、昨年の午後IIの問2は大胆な問題のつくりをしていたので、解説は読んでみたいかな。(問2を選択して、撃沈したとも言いますが。)この教科書の類は、そのときのレベルに応じて捕らえ方も異なることが多いかと。あのときはわかったつもりになっていたが、本当はわかっちゃいなかったのだなあ、なんてことが多々あります。この1年でデータベースを扱った業務に携わったので、昨年よりはレベルアップした自分がこの試験に取り組もうとしています。間違いなく発見があることでしょう。そして、あのときああしておけばよかった!なんてことが見つかって次の業務で生かせるようなことがあれば、、、それこそ理想の姿ですね。(なかなかそこまではまることは少ないと思いますが!)

情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2010年度版 (CD-ROM付)情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2010年度版 (CD-ROM付)
(2009/09/18)
松田 幹子山下 真吾

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。