フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOCATEと私

LOCATEとのはじめての出会いは小学生の頃。

アクションゲーム38のプログラムを無心で打ち込んでいるとよくこの『エル・オー・シー・エー・ティー・イー』を見かけることがおおいね、と気づくようになったのです。どうやら、画面にPRINTするときによく現れるぞ、とかハイスコアを表示するときの場所を決めているんだろうなあ、とかなんとなくわかってくるわけです。LOCATEは今から表示するぞ、って時にカーソルの位置決めをするコマンドだったのです。

とかすると、LOCATEはなんかの場所を決める英語なんだねえ、ってのが定着するわけです。でもですねえ、単語帳なんかをやってると、「位置を特定する」のほかに「探す」なんてのもでてくるわけです。えー、そんなの見たことないよう、、、って思っていたのですが、今日ふつーにグリシャムのPBにでてきました。大きな火事が起こって、そのときに行方不明になった子供をLOCATEできなかった。てな感じです。おー、これだと「探す」という感じがするなあ。とかまあ、自分としてはLOCATEとひとつ仲良くなれたなあ、ってそんな話です。

あと、ついでに今日気がついたこと。昔々、ウィザードリィってとてつもなく流行ったゲームがありました。最初にAPPLEで発売されて、PC-98やらX-1やらFM-7やら、当時パソコンというパソコンに移植されまくったあの名作であります。(UNSEEN ENTITYって当時なんのことやら。。。?だったけど、いまだと雰囲気はわかるかなあ)。で、ウィザードリィって、地下10階にいる、邪悪な魔法使いから魔除けを奪還するRPGなのだけれど、地下4Fに関所が一つあるわけです。そこで手に入るBLUE RIBBONがあると、一気に地下9階まで降りることができて、5F~9Fってなんだったんだ!?ってなるいわくつきの場所なのですが。ちなみにそこを守っているNINJAが相当強くて、何度もクリティカルヒットで首を落とされたりしたなぁ。。。(それはいいか。)そこの場所の名前が『MONSTER ALLOCATION CENTOR』。LOCATEとALLOCATEって似てるよなあーって思ったところでした。

ついでにもう一つ。Might and Magicっていったら、「力と魔法」ではなく、「剣と魔法」といわれるらしい。しかし、Mightをそんな風に使った場面には出会ったことがない。いつか、どこかで出てこないかなーと思っていることばの一つであります。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。