フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜特急

急にロンドンに行きたくなったので、沢木さんの旅に乗っかることにしました。

1巻は読んでいたので香港は通過。マレー半島からシンガポールへと抜けてインドへ向かいます。自分はアジアは中国・韓国しか行ったことがないので、どこも「へーそうなんだ」なんですよね。タイに行っても、食事に中華が食べられるとか。シンガポールまでは香港の印象が強くて、あまりお気に入りな場所が無かったという沢木さん。あなたのガイドだけが頼りなのですが。。。

インドはやはり、ブッダなんですかね。ブッダゆかりの地とか行ってみるべきでしょうか?手塚のブッダを読んだあとでは、生まれたところだろうが、悟りを開いたところだろうが、そんなに「行ってみたいぞ!」って気分にはならなかったなー。インドには光と影がある。ちょっと怖い土地であります。沢木さんは熱でフラフラになりながら、ようやくデリーに到着。ロンドンまではかなり遠そう。あと500ページくらい?

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)
(1994/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。