フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone アプリ The New York Times Crosswords Daily

iPhoneのApp Storeでなにげにアプリを探していましたら、The New York Timesのクロスワードに行き着きました。これって、映画とかでよく出てくる夫婦のどっちかが忙しくしているのに、もう片方がペンを片手に「う~ん」と唸っているアレですね。で、「xxxxって何だっけ?」とか「おー、キミは天才だよ!」とかやるやつですよ。

無料版でお試しができるので、早速ダウンロード。
iPhoneAplNYTCrossword.jpg

ロードが終わると。ちゃらららーん…って暢気なBGMが流れ出します。Playを選ぶと、Today's Puzzle, My Puzzles, Calendarのメニューがでてきますよ。Today's~は文字通り新聞に載っている今日のパズルが遊べる模様。こちらは有料でアカウントが必要。My Puzzlesは自分が挑戦したパズルのメニューが出てくる。何月何日何曜日のパズルには何時間と何分挑戦した、という履歴がのこるみたい。ここからどの日のパズルに挑戦するか選んでスタートすることができるのです。

早速挑戦しました。

◆2008年7月23日 水曜日の問題
1a.Coors product (4文字)
。。。

1d.Goes this way before that (4文字)
。。。


えーっと、まったく分かりません。
きっとこれは特別難しい日だったに違いないさ。。。


◆2008年6月9日 月曜日の問題
1a.50 percent (4文字)
→50パーセントといえば、"HALF"

5a.Goya's"The Naked ____" (4文字)
→ゴヤの『裸のマハ』。ということで"MAJA"

1d.Goes this way before that
???


aはACROSSでヨコの鍵。dはDOWNでタテの鍵。
という感じで中にはわかる問題もちらほら。(インターネットを駆使すれば!)
やはり、うーんわからん!というのが数多いです。

よくよく調べると、正誤を調べる機能がありました。「Menu→Check」を選んで、「Check Letter」にするとカーソルが当たっているセルの文字が正解か調べてくれる。当たっていれば「Correct!」を。間違っていれば「Incollect.」を返してくれる。「Check Word」では、単語が合っているかを調べてくれるし、「Check Puzzle」ではパズル全体の正誤チェックまでできますよ。

チェック機能を使いこなせば、なんとか遊べるかも!
ただしこのチェック機能は発表されたばかりのパズルではロックされている模様。なので、過去問で練習したい人向けの機能なのでしょうねー。

クロスワードの鍵の独特の言い回しが難しい。でもそれも慣れの問題かなー。
ぜひとも一題解いて「自分って天才かも?」という気分に浸ってみませう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。