フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜特急

ついに深夜特急も最終巻。桃鉄もびっくりのバスによるユーラシア大陸横断も大詰め、イタリアからのスタートとなりました。イタリアまで来るとロンドンなんて一っ走りという距離ですが、なかなかゴールにたどり着かない沢木さん。ヨーロッパの都会に入ってくるとさすがにホテル代が1泊ウン100円という訳にもいかず、お金がどんどん飛んでいきます。(読んでる自分が不安になってきますよ。。。)

それにも関わらす、スペインまで足を伸ばす沢木さん。昔第二外国語でやったスペインをおぼろげながら思い出し、ウノ・ドス・トレス・・・なんてやってるわけです。その中で「ケ・オラ・エス?」まで入ってるのは、ちょいと驚きました。(ああ、ケ・オラ・エス?はほんとうにベタなフレーズだったんだ・・・)

とかなんとかやって、沢木さんの旅は完結するわけでありますが。この旅はいつ頃の話なんだろうねとちょっと気になります。スペインで使っているお金はペセタ。ユーロ統合前なんですよねー。読み物としては86年~92年に世に出ており、実際の旅は70年代前半の模様。おっと、もうすぐ40年?それはちょっと昔の話だねー。

これ読むと、ちょっとバックパッカーの旅に憧れそうになりますがー。身辺整理して飛び出していく勇気はないなあ。でもいつか、アジア・ヨーロッパを旅してみたい。トルコでケバブを食べて、ギリシャでムサカを食べて、イタリアでパスタを食べ、スペインのバルでオリーブをつまみに飲み、ロンドンでフィッシュ&チップスを食べる。絶対行くぞー!

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)
(1994/05)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。