フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人は歯が命(その2)

前回、一命を取り留めたかに見えた下の歯。
しかし、痛みが退かないので再度診察を受けることに。
痛みの幅がリンパに広がっているので、良くないのかも知れない。
そう思いながら小雨の降る中をお医者へ急ぐのであった。

本来ならば、昨日診察を受けたかったのだけれど、
木曜休診のため一日遅れになってしまった。
ちなみに、病院が木曜休みだというのは常識なのだろうか?
病院って、床屋みたいにこの日定休ってあったらまずいのでは。。。

飛び込みで行った割りには、すぐに診てもらえた。
歯は残したい思いがあるのでまずは悪い部分を取る方針で削ってみることに。
少し削って済むならば、それに越したことはない。
反面、神経が死んでしまっていれば手の施しようはない。
まず、虫歯の銀を外す。
やはり、以前の通り歯の亀裂が元で炎症が起きているようだ。
少し削るだけでは済まなさそうなので、小さな写真を撮る。
炎症がひどくてどうしようもない、というわけでは無いが、、、
ガリガリと削っていくと、そのうちゴリゴリになって、
ある時点で焦げ臭い匂いがしてくる。
ひょっとして、削る代わりに神経を焼いて殺してるのでは?
と思ったのだが、どうやら神経が悪くなって溜まったガスの匂いだったようだ。
悪い部分が出せるように穴を開けて通す処置をする。

開けて見た結果、奥の歯の神経は死んでしまっていたようだ。
ヒビが入りながらも尚生え続けていた右の奥歯は残念ながら、力尽きていた。
もっとしっかりケアしていれば。歯磨きを丁寧に、歯間ブラシをこまめにしていれば。
もう少し長かったかもしれない。そう思うと申し訳ないなあ。
これを期に、残った歯は大事に扱って行きたい。
芸能人でなくても、歯は命、だもんね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

全く同じ状況なので笑ってしまいました。(失礼!)

わたしの場合、噛み合わせの圧迫によりその歯(奥歯)を支えている歯茎の方が腫れているらしいです。(歯周病?)
とりあえず、フクさんの一回目と同じように噛み合わせの対処用にちょっと歯を削り、いまは歯茎の腫れの様子をみているところ(とはいえ、ジワリと痛く、いまは固いものは食べれません・・)。
ケアしていたつもりだっただけにショックだけど、これにめげず「芸能人でなくても、歯は命」の気持ちで今後も精進します(笑)。

じゅんじゅん | URL | 2008-09-06 (Sat) 13:12 [編集 ]


じゅんじゅんさん、こんにちは。

おー、、歯痛仲間(笑)

歯痛って、とっても苦しいんだけれど、人に伝わらないですよねー。
人によっては、「ちょっと歯が痛いくらいなんば言いよっとね」とか。
最近は「歯痛は苦しい」って共通認識も出来てきたのかも。
今日もお医者にいってゴリっとやられました。
週3回も行くと、顔なじみ?みたいになってきますね(笑)
じゅんじゅんさんも、お大事に!

フク | URL | 2008-09-06 (Sat) 16:45 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。