フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK1

前から読もうと思っていながら中々手が出ない本ベスト1にランクしていた1Q84。ようやく手に取りました。この本に手が出なかったのは、これまでの村上作品を読んでから読もうかと思っていたから。数冊読んだところで改めてどれくらい読んでいたかと数えなおしたところ、まあ読んだ方かと思えたのでゴーサイン。もう一つ、読む方に後押しされたのは最近読んだ内田樹さんの本。村上春樹の作品は宗教の話をしているんだよー、という件。

というわけでやっと時期が来たという感じで読み始めます。お約束のようですが、まだ読んでないかたはこの辺で引き返してください。読んだか方も大したことは書きませんので、あまり期待せず進んでください。

もう一つ本の話。長いこと読みながらなかなか最後まで行かない本が一冊あります。「本を読む本」というタイトルで、色んなところで紹介されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。その中で「プロット」について説明されているところがあります。本の読み方としては、その本の構成(=プロット)を掴むのだよ、と。村上春樹の小説全体を通して、「男は女と出会う。女はいなくなる。男は探しにいく。」というプロットなので、1Q84もそんな感じかなあーと予想しながら本を開くのでした。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を思わせる構成で、二つの話がどこでリンクしてくるのか非常に楽しみ。ちょっとづつ出てくるキーワードを頼りに「ひょっとしたらこうなのかも?」とか考えながらページをめくるのが楽しいですね。あとは、表面的に見るといつもの村上作品(砂糖菓子のような小説だ!)のように見えますが、表向きはそういった装いをしつつ、本当は内に秘めたテーマがあることに心を留めて、楽しんでいこうと思います。

『目の見えない羊』は、例の羊と関係するのか。。。追々わかることになるのかなー。



1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色 | URL | 2012-01-10 (Tue) 02:38 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。