フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸善 福岡ビル店 その2

丸善さんの話のつづき。

福ビル店の数学教養のコーナーが特にお気に入りでした。
最近読んだ本では「小説フェルマーの最終定理」「科学と神秘のあいだ」 。丸善さんでサクっと買いました。
「もっとも美しい数学 ゲーム理論」「その数学が戦略を決める」「天才数学者はこう賭ける」も丸善さん。
要は、自分の数学読み物は丸善さんのおすすめしている本ばかりということですね。
いや、でもこれが良い本ばかりなのですよ。

最後に本棚を見渡しても、まだこれだけ読みたい本があります。

ぼくには数字が風景に見えるぼくには数字が風景に見える
(2007/06/13)
D. タメット

商品詳細を見る


虚数の話虚数の話
(2008/07)
ポール・J. ナーイン好田 順治

商品詳細を見る


無限の話無限の話
(2006/03)
ジョン・D. バロウ

商品詳細を見る


不思議な数eの物語不思議な数eの物語
(1999/09)
E.マオール

商品詳細を見る


フィボナッチのうさぎ―数学探険旅行フィボナッチのうさぎ―数学探険旅行
(2006/12)
キース ボール

商品詳細を見る


一度に全部は無理ですが、いつかきっと読むでしょう。
丸善さん、良い本をありがとう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。