フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは行き先、そして航空券

今回、一週間海外に行こうと決め、まず行き先を悩みました。かねがね行きたいと思っていたのは2つ。憧れの街NYと、美味いパスタがあるイタリア。どっちもイメージ優先なのですが、それぞれ楽しそう。悩んだ末、NYが勝ちました。やはり、漠然とイタリア!というよりもある程度イメージが沸くNYの方が楽しい旅になりそうだと思ったので。自然史博物館、セントラルパーク、ブロードウェーと行き先には事欠きません。そして折角アメリカまで行くならば2都市ということで、次の目的地にラスベガスを追加。ここまで決まれば後は旅行会社のカウンターに座るだけ。プロフェッショナルの手助けを借りることができます。

今回お世話になったのはJTBさん。大まかな日程、日数、出発日と到着日の幅を伝えて取れそうな飛行機のセットを組んでもらいます。今回は早めに動いたのが良かったのか、シルバーウィーク前から出発、中ほどに帰国というスケジュールが組めました。ポイントになるのは乗り継ぎ。「LA乗り継ぎは大変だからサンフランにしたほうがよいよ~」というアドバイスは友人aさん。そこを踏まえてサンフランシスコ経由にしてもらいました。成田→JFK→(NY)→ニューアーク→(LV)→サンフランシスコ→成田、という感じになりました。NYには空港が3つあるんで、行き先が間違わないか不安ですね。(フレンズでは空港間違えてたよ!)

格安チケットなので変更はまったく効かず。予約から発券まで1日しか猶予がない、という厳しい条件でしたが、行くことに変わりはないのでチケットは押さえました。発券手続きに入り、2週間ほどでe-チケットを受け取り完了。まずは始めの一歩を踏み出しました。アメリカに入国する際にはESTAによる事前申請が必要でこちらの手続きもさくっと済ませます。これで2歩。パスポポートの期限が切れていないことを確認して、3歩。この調子だと出発までに3000歩くらいかかりそうですがちょこっとずつ用事を済ませていきますね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。