フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SA:採点(午前II)

IPAのホームページを見ると午前の解答が早くも公開されており、早速採点。
問1○、問2×、問3×、問4×・・・っておいおい、これってやばくない?
問4とか100%間違えない自信があったのに。。。というか、問4の答えがイ、ってヘンじゃね?
まあ、午前IIの採点しようと思って午前Iの解答開いてたんだけどね。

気を取り直して午前IIを採点。結果は25問中21問正解で84点!
(パチパチパチ)

消去法という名の勘で解いたところも当たっているところが多く、思ったより取れていた。
一応、間違ったところチェックをしてみることにする。

問2 エを選択。問題文をよく読めていなかった。後ろから解いていて、最後に時間がなくなってきて焦って回答したというのもあり、間違っている選択肢の消しこみをせずに答えてしまった。しかし、そもそも現物理モデルからスタートすべきところを現論理モデルから開始のウかエと考えていたので、やはり間違っていたのだが。

問5 過去問で見た覚えアリ。データ構造に着目するのはワーニエ法、ジャクソン法なのでウとエは選択肢から外した。アとイの記述はどちらに間違いが含まれていたかはっきりせず、イを選んだのだが正しくはア。

問16 さっさと消したエが正解だった。アかウだろうと悩んでいたが、悩むだけ時間の無駄だった。企業業務、開発計画について復習を。

問19 ロードバランサの問題。ウかエと考えて、エはネットワーク全体の負荷を測るので消した。残ったウが正しいだとうろ思っていたが、答えはイ。文字列が想定値と一致することが、負荷分散の指標になるという仕組みが理解できなかった。確認が必要。

以上。
非常に良く出来た。
ついでなので、マグレ当たりのラッキーパンチが当たった問題について。

問14 ROIは投資の指標だが、情報システムの導入に関係が無いので外し。EVAはおそらくEVMの指標であろうから外し。BSCとNPVの50:50まで持っていったがどっちも知らない言葉なので決め手が無い。「キャッシュフローの現在価値」と行っているので、なんちゃらValueとつくと想定し、Vが入ったNPVの方を選んだ。そして当たり。

問22 データのクレンジングは、ゴミデータの除去なので明らかに違う。ロールアップも何かの操作的な響きなので外す。ダイスとドリルダウンの二択だが、どちらも聞いたことが無い。いつもならドリルダウンっぽい、と答えてしまうのだが、明らかに言葉の響きがイメージと合わない。半信半疑でダイスを選択して、当たり。ひょっとして、データの分析の向きがダイスみたいにコロっと切り替わるというイメージなのか。

あと、事前に過去問やってて助かったと感じたのは、4、7、10、20、23。BlueToothの周波数帯が2.4Gとか、普通覚えてないから。

まずは良いスタートを切れた。合格発表は12月20日。それまで午後Iの解答や、午後IIの講評などが出るのをチェックしていくことにする。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。