フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Die Hard

毎年クリスマスにはクリスマスにちなんだ映画を見るのが恒例となっている。たいてい「あぁ、やっぱりクリスマスって良いよね」というクリスマスキャロル的な映画なのだが、今回は一風変わった選択となった。選択の理由は2つ。一つは「この映画って、クリスマス」の話なんだ!という意外性。もう一つは「アラン・リックマン出てたの?」というまたまたの意外性。1988年の映画なので、22年前!? アラン・リックマンがハリーポッターのスネイプ役を始めたのは10年前だから、それよりもまた随分前の姿である。


ダイ・ハード [DVD]ダイ・ハード [DVD]
(2010/06/25)
ブルース・ウィリス、ボニー・ベデリア 他

商品詳細を見る


最近のDVDの見かたとして、「基本は字幕なし」が定着してきた。(なぜかって?それはNYには字幕なんてないのだから!)字幕なしで見るのも映画は海外ドラマよりもハードルが高い。海外ドラマだと設定や登場人物がゆっくり説明されるのだが映画だと出だしの何気ないシーンで一気に語られる。このダイ・ハードでもマクレーンは飛行機でL.A.に到着するのだが、妻と子供たちに会いに行くため。本当は妻は仕事で西海岸へ越してきたのだが、離婚して西海岸へ移った!?と勘違いしてしまった。随分昔に見たきりだから設定は忘れてしまっているのだ。。。しかし、大まかなスジは知っているので、初めてみる映画よりとっつきやすい。難度としては、海外ドラマ→昔見た映画→新しく見る映画。順に辿っていけば何時でも字幕なしにたどり着くと思う。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。